• グリーンポプリ株式会社 ポプリ健康法

新着情報

プレバイオティクスおよびバイオジェニックスとの関連性が疑われる短鎖脂肪酸産生菌

健康食品の飲用をやめた後激減した腸内細菌 2020年10月 まで「プレバイオティクスおよびバイオジェニックス」を実施  2020年10月 まで私は「プレバイオティクス(食物繊維+オリゴ糖)とバイオジェニックス(フェカリス ...

続きを読む

目指すべきは短鎖脂肪酸産生菌が多い腸内フローラ

 前回は腸内フローラにおいて2%以上を占める菌を属ごとに色分けしました。 短鎖脂肪酸産生菌 だけをピックアップし、産生する 短鎖脂肪酸の違いによって色分けしてみます。すると前回の色分けよりも違いが明確になってくると思いま ...

続きを読む

私の腸内フローラにおける上位菌の推移/健康食品の運用法による

こちらのグラフは腸内フローラの細菌100%に対し、およそ2%以上を占める上位菌を色分けしたものです。 一番上のグラフは測定機関における測定者の平均値を表しています。ですからここではこれを平均的な人の腸内フローラと扱います ...

続きを読む

私の腸内フローラに対して健康食品の与える影響

腸内フローラ改善へのアプローチ方法  前回お伝えいたしましたように、腸内フローラをよくするためのアプローチには、プロバイオティクス、プレバイオティクス、バイオジェニックスの3つの方法があります。そのアプローチ方法によって ...

続きを読む

腸内環境をよくするための3つのアプローチ

【1】プロバイオティクス ビフィズス菌、乳酸菌など、生きた善玉菌を摂り入れることです。ヨーグルトや漬物、酵素など生菌が入ったものもこれに該当します。 【2】プレバイオティクス 自分のお腹の中にいる善玉菌に、エサ(食物繊維 ...

続きを読む

腸内細菌が産み出す短鎖脂肪酸とは

ビフィズス菌、乳酸菌、酪酸菌… なぜ善玉菌が多い方がよいのでしょうか  ビフィズス菌、乳酸菌、酪酸菌…なぜこれら善玉菌が多い方がよいのでしょうか。その一つの理由として、これらの菌が腸内で「短鎖脂肪酸(たんさしぼうさん)」 ...

続きを読む

温熱マットで背中と胸を挟み込んで使用していたら驚きの結果が

8月10日トマトの収穫中に転倒 肋骨にひび? 8月10日のことです。トマトの剪定を行っている際、不安定なコンクリートの塊の上に乗ってしまい、転倒して肋骨を強打してしまったのです。叫び声をあげるほど痛かったです。痛くてくし ...

続きを読む

健康食品の飲用をやめてから激減した菌~ビフィズス菌と酪酸菌

2020年秋まで私は、Total Flora、Popuri One、ポプリ乳酸菌生産物質、育てるオリゴファイバー、育てるオリゴ乳酸菌+、純生酵素などのなかから、その日の調子によって選びだして飲用していました。その後、実験 ...

続きを読む

ビフィズス菌と酪酸菌は増やすのが一番

ビフィズス菌と酪酸菌は外から摂り入れるよりも、自分のお腹にいるものを増やしたほうがよいと思います。 実際自社の健康食品を多数飲用していた私が2020年秋に行った腸内フローラ検査では、ビフィズス菌と酪酸菌が軒並み平均値を大 ...

続きを読む

フィーカリ菌/フィーカリバクテリウム(酪酸菌)(長寿菌)

Firmicutes 門 Clostridia 綱 Clostridiales 目 Ruminococcaceae 科 酢酸を消費して酪酸を産生する。酪酸菌、長寿菌と呼ばれ次世代善玉菌の筆頭に挙げられる。 フィーカリ菌と ...

続きを読む