• グリーンポプリ株式会社 ポプリ健康法

腸内細菌が産み出す短鎖脂肪酸とは

ビフィズス菌、乳酸菌、酪酸菌… なぜ善玉菌が多い方がよいのでしょうか

 ビフィズス菌、乳酸菌、酪酸菌…なぜこれら善玉菌が多い方がよいのでしょうか。その一つの理由として、これらの菌が腸内で「短鎖脂肪酸(たんさしぼうさん)」が産み出すことが挙げられます。よい腸内フローラでは、腸内細菌によって多くの「短鎖脂肪酸(たんさしぼうさん)」が産み出されています。短鎖脂肪酸とは、乳酸、酢酸、酪酸、プロピオン酸のことをいいます(乳酸を含めない場合もあります)。酢酸というのはお酢のことです。腸内でお酢のように酸っぱいものが沢山産まれると、腸内は酸性に傾き悪玉菌の棲みにくい環境となります。

短鎖脂肪酸は腸内細菌による代謝産物 グリーンポプリ
短鎖脂肪酸は腸内細菌による代謝産物 グリーンポプリ

短鎖脂肪酸は腸内細菌による代謝産物

短鎖脂肪酸は腸内細菌による代謝産物です。つまり腸内細菌が腸内でオリゴ糖や食物繊維などのエサを食べて、産み出された産物です。腸内細菌はエサを食べると、新しい産物を産み出します。その産物にはよいものと悪いものとがあります。悪玉菌はアンモニアや有機アミン類など腐敗物質を産み出します。

腸内細菌のエサは私たちの食べ物のうち未消化で腸まで届いたもの

腸内細菌のエサとなっているのは、私たちが食べた食物のうち未消化で腸まで届いたものです。悪玉菌が好むものばかりを食べていたら悪玉菌を育てあげ、腐敗物質が産み出されるためオナラや便が臭くなります。動物性食品の多食は、悪玉菌を育てることとなります。腸内における短鎖脂肪酸を増やすためには、短鎖脂肪酸を産生する細菌を増やし、さらにはその細菌が好むエサを摂り入れることが重要です。

あなたの食べ物が腸内細菌を育てます グリーンポプリ
あなたの食べ物が腸内細菌を育てます グリーンポプリ

短鎖脂肪酸の機能

乳酸

  • 腸内環境を酸性に傾けることで悪玉菌の増殖を抑制ます
  • 大腸を刺激して蠕動運動を活発にし便秘の解消にも役立ちます
  • 乳酸は酪酸やプロピオン酸に代謝されます

酢酸

  • 免疫抗体の産生を高めます
  • 脂肪の取り込をストップして肥満を防止します
  • 腸壁を強くして毒素にまけないようにします
  • 腸の粘膜細胞のエネルギーになります
  • 私たちのエネルギーとなります

酪酸

  • 免疫細胞の調整役であるTレグを増やします
  • 腸の粘膜細胞のエネルギーになります
  • 腸の蠕動運動を促し便秘の解消にも役立ちます
  • 腸の粘液(ムチン)の分泌にかかわります
  • ガン化した細胞のアポトーシス(細胞自死)を促します

プロピオン酸

  • 腸内を酸性にすることで、病原菌の増殖を抑制する働きがあります
  • 私たちのエネルギーとなります
  • 肥満を防止
  • ビフィズス菌の増殖を促進する