• 腸内環境-温熱-食事療法-腸活-温活に取り組み30年以上 グリーンポプリ株式会社代表後藤洋のブログ 理想的な腸内フローラを目指して実践を続ける

ヤセ菌とデブ菌の盲点  バクテロイデスがヤセ菌ファーミキューテス門がデブ菌という認識はあまりにももったいなすぎる 理想的な腸内環境を目指して

前回、アクチノバクテリア門(善玉菌)とプロテオバクテリア門(悪玉菌)を見てみましたが、今回は残る2グループ、ファーミキューテス門(日和見菌)とバクテロイデテス門(日和見菌)です。これらは日和見菌と呼ばれるグループであり最も大きな勢力を誇るグループです。

これらのグループにはとても注目された、愛称がつけられています。

【デブ菌】と【ヤセ菌】です

  • バクテロイデテス門がヤセ菌
  • ファーミキューテス門がデブ菌

という分類になります。

これではあたかもバクテロイデテス門が善玉で、ファーミキューテス門が悪玉という印象をもちます。

当店のホームページも「バクテロイデス ヤセ菌 痩せる」みたいな検索キーワードで検索されており、人気がうかがえます。

マスコミでも散々「バクテロイデス=ヤセ菌」で煽られています

でもおおよそマスコミで一方的に煽られていることは、疑ってかかったほうがよいと思います。

バクテロイデスは日和見菌で腐敗産物も産み出します 長寿者の腸内では少ない傾向にあります

バクテロイデテス門に属する細菌は【バクテロイデス】になります。バクテロイデスは日和見菌です。バクテロイデスは酢酸・プロピオン酸など短鎖脂肪酸とよばれるよい物質を産み出す一方で、腐敗物質も産み出すということです。バクテロイデスは野菜中心のよい食生活であれば酢酸など短鎖脂肪酸とよばれ肥満を予防するよい物質を産み出すのですが、食生活が悪いと結局【腐敗物質】を産み出すこととなります。つまり食生活が悪い人にとってバクテロイデスは【悪玉菌】の肩を持つこととなり、ヤセ菌にはなりません。

私の腸内フローラでも腸内環境が悪化傾向の時にバクテロイデスが増える傾向にある

そもそもバクテロイデスは食生活が悪い時に増える菌だと認識しています。食生活がよくて腸内環境が良い時には【酪酸菌】が増えているはずです。実際私の腸内フローラ検査においても、腸内フローラが悪化傾向のときにバクテロイデスが多くなる(ファーミキューテス門が減少)傾向がみられます。

デブ菌と不名誉なファーミキューテス門こそ増やしたい善玉菌のスター軍団です!

一方で【デブ菌】と不名誉な相性がつけられている、ファーミキューテス門ですが、ファーミキューテス門こそ次世代善玉菌のスター軍団と呼べる菌群であり、是非とも増やしたいグループです。奄美や京丹後市の長寿者の腸内に多いのも、まさにこのファーミキューテス門の細菌たちです。

実は私もファーミキューテス門の細菌たちを増やすことを目指しているのです。

ファーミキューテス門は是非とも増やしたい善玉菌の宝庫です

  • 乳酸菌(ラクトバチルス、ラクトコッカス、エンテロコッカス、バチルス…)
  • 酪酸菌(フィーカリバクテリウム、コプロコッカス、ロゼブリア、ラクノスピラ、クロストリジウム、ブチリシコッカス、アナエロスティペス…)
  • その他の短鎖脂肪酸産生菌(ブラウティア、ディアリスター…)
ファーミキューテス門は乳酸菌(ラクトバチルス、ラクトコッカス、エンテロコッカス、バチルス…)、酪酸菌(フィーカリバクテリウム、コプロコッカス、ロゼブリア、ラクノスピラ、クロストリジウム、ブチリシコッカス、アナエロスティペス…)、その他の短鎖脂肪酸産生菌(ブラウティア、ディアリスター…)
ファーミキューテス門は乳酸菌(ラクトバチルス、ラクトコッカス、エンテロコッカス、バチルス…)、酪酸菌(フィーカリバクテリウム、コプロコッカス、ロゼブリア、ラクノスピラ、クロストリジウム、ブチリシコッカス、アナエロスティペス…)、その他の短鎖脂肪酸産生菌(ブラウティア、ディアリスター…)

長寿者の腸内ではファーミキューテス門が多くなります

長寿者の腸内ではファーミキューテス門が多くなり、それに反してバクテロイデスが少なくなります。ファーミキューテス門が増えるとバクテロイテデス門が減り、バクテロイテデス門が増えるとファーミキューテス門が減るというような関係があります。

【デブ菌には善玉菌が多い】という現実からすると、「デブ菌・ヤセ菌」という概念こそ無くしたほうがよいのかもしれません