• グリーンポプリ株式会社代表の後藤洋がお伝えする健康情報です。温熱や腸内環境、食養生が中心です。

乳酸菌を摂り入れる目的 腸内環境研究会 グリーンポプリ

 私達は乳酸菌をヨーグルトや漬物、キムチなどの発酵食品や、サプリメントなどから摂り入れることができます。これらの乳酸菌は生きている場合と、死んでいる場合とがあります。

代謝活動の結果産み出される代謝産物に期待

 生きているということにこだわった場合には、生きているためにうけられるメリットに注目することになります。生きているということは活動を行うということです。つまり私達の腸の中で腸内にあるものを食べて、乳酸、酢酸(広義では短鎖脂肪酸)などの代謝産物を産み出してくれることに期待するものです。ただし外から摂り入れた菌は棲み着いてくれるわけではないので、常時補い続ける必要があります。

免疫刺激に期待

 乳酸菌・ビフィズス菌を摂取する目的は、それだけではありません。菌を摂り入れるということ自体が、免疫力を高めたりと免疫刺激になります。この場合、菌の生死は関係ありません。それよりも数多くパイエル板に吸収されたほうがよいのです。そのため吸収しやすく加工のなされた乳酸菌もあります。

菌体そのものが栄養の塊

 「ビール酵母」というサプリメントがあることをご存知でしょうか。これはビールを醸造する際に使用する酵母菌を、サプリメントとして飲用するものです。ビール酵母はとても栄養価が高いサプリメントです。酵母菌そのものが一つの生命体ですから様々な成分で成り立っているわけで、ベータグルカンやビタミン、ミネラル、アミノ酸など幅広い栄養成分が含まれています。

 また酢酸菌の細胞壁からは、LPSという免疫を調整する成分も発見されています。乳酸菌にしても同じことで、つまり菌体そのものに様々な栄養成分が含まれているので、菌体そのものを摂り入れることそのものにメリットがあるのです。菌体成分ですからこの場合も菌の生死は問いませんし、数が多いに越したことはありません。