腸内腐敗
腸内異常発酵


腸内腐敗の危険信号


「便秘・下痢」
「おならが臭い」
「便が臭い」
「体臭がきつくなった」
「吹き出物が多い」
「肌が荒れる」




腸内腐敗_腸内環境研究会/グリーンポプリ


こういった場合、腸内腐敗(腸内異常発酵)が進んでいる可能性があります。腸内で発酵ではなくて腐敗して有毒ガスであふれかえっているかもしれないのです。臭いおならや便は要注意です。正常な発酵が行なわれていれば、臭くないはずですよ。

(※⇒発酵と腐敗について


臭い臭いの元は何だ?

それは蛋白質です

腸内で有害物となったり、臭いにおいを出したりするのは、アンモニア、アミン類、インドール類、フェノール類、硫化水素、メルカプタンなど、蛋白質由来の化合物です。

蛋白質には分子構造中に、N(窒素)や、S(硫黄)が入っているからです。

糖質や脂質のほとんどは、C(炭素)、H(水素)、O(酸素)のみで出来ています。


蛋白質といえば、肉、卵、乳製品、魚ですね

タンパク質由来の物質から悪玉菌が腐敗物質を生産_腸内環境研究会/グリーンポプリ

ですから食事中に、肉や魚、乳製品などの動物性食品の割合が多い人は要注意です。

高タンパク食だからです。

腐敗の大きな原因となりうるものは
食事由来の未消化タンパク質(大腸にまで達するのはおよそ10%)と、尿素です。
蛋白質の食べすぎには気をつけましょう。


ベジタリアンや、玄米菜食者のおならは臭くありません。

一方

肉や、魚や、乳製品を沢山食べている人の

おならや便は臭くてたまりません。

体臭も同じく。