腸内環境とストレス




ストレスがあると乱れてしまう腸内環境

腸と脳と精神とは密接な関係があります

神経的に繊細な人は

腸が弱い傾向にあります

最近「潰瘍性大腸炎」という言葉をよく耳にします

これも多くはストレスでしょう

それだけ現代は精神を消耗する社会だ

ということでしょう


腸は第二の脳

みなさん「腸は第二の脳」って言葉を聞いたことがありますか?


●緊張したらお腹が痛くなった

●ストレスを受けたらお腹が痛くなった

●激しく怒られたら下痢になった

●旅行に行くと便秘になる。


このような経験はありませんか?

そう、精神状態と便・腸とは、大きな関わりがあるのですね。

食物繊維を、乳酸菌を摂っているのに便秘だ

「便秘には食物繊維が良い。」と言われるじゃないですか。

「でも私、毎日野菜も食べてるし、食物繊維は摂っていますよ。
でも便秘なんです。」


という方が必ずいるはずです。

どうしてなの?

腸が影響を受けるのは食事だけではないのです。

精神による影響がとても大きいのです。

だから「腸は第二の脳」と言われるんです。


腸内環境とストレス

腸にとってはストレス・緊張が一番良くありません。

腸の働きが悪くなり固まってしまいます。

胃腸はリラックスした状態で働く

腸の働きは自律神経によって左右されます。

副交感神経が優位な、リラックスした状態でよく働くのです。

だから、腸には笑いが一番です。