冷たい食品は体を冷やします



冷房病、冷え性、低体温の一因は、その食生活にもあります

夏は暑いので、どうしても冷たい食品を多食してしまいます

夏のビールもアイスクリームもおいしいですね

まあ暑いので、ほどほどであれば良いのでしょうけれども、

過度になってしまうと大変です。


飲食の時刻も大切

 また飲食する時刻というのも非常に重要になってきます。

例えば、夜寝る前

冷たい果物や、ビール、ジュースなどを飲んでいると、

一晩中お腹を冷やしてしまいます。

そうすると、夜中にトイレに行きたくなったり

明け方にお腹が痛くなったりすることでしょう。

夜も遅くに、冷たいものを多食するのは避けてください。

僕がビールを飲むとき

 そうかといって、僕も夜にビールを飲んだりするのですが、

気をつけているのは、

夜寝る前に飲まないことですね。

そして最後に必ず、熱いドリンクを飲みます。

そして寝る前に、三井温熱や温灸器、入浴などで

十二分にお腹を温めてから寝るようにしています。

だから、冷やしっぱなしにはしないように、気をつけています。

体を冷やす冷飲食

(1)ビールや炭酸飲料など

 最近は自動販売機でもコンビニでもスーパーでも、何処でも冷たい飲料を買えるようになりましたね。冷たい飲料の飲みすぎには、気をつけて下さい。

(2)アイスクリームなど

 夏場はアイスクリームシャーベットかき氷等を食べる機会も増えるでしょう。これらも現代人の体を冷やしている一因でしょう。

(3)生野菜やサラダなど

 生野菜サラダ野菜ジュースも、実は体を冷やす大きな要因です。
もちろん体に熱を持っている実証タイプの人には良いですが、冷えている虚証タイプの人は多食は禁物です。

 実際僕も生野菜ジュースは体を冷やすのか冷やさないのかわからなくて、実際に検証してみましたが、やはり胃腸に冷えを感じました。結局野菜ジュースを温めて飲むようにしました。そしたら調子が良いのですが。
⇒野菜ジュース検証


 また野菜不足を補うためにサラダを摂る人が多いですが、生野菜は植物細胞壁も壊れにくいですから、栄養吸収の面においても劣っていると言わざるを得ません。野菜は加熱調理して下さいね。


生野菜と酵素

 生野菜には「酵素が入っているから良い。」と言われます。
確かにそれも一理あるかもしれません。

しかし日本人は酵素を味噌醤油御酒お酢漬物納豆など伝統的な発酵食品から得ていたのです。味噌、醤油、御酒、お酢、漬物、納豆などは、植物性乳酸菌(ラクトバチルス=プランタルム)や、酵母菌麹菌酢酸菌枯草菌などの働きを利用して作られています。●プロバイオテクス(善玉菌補給)の点においても、酵素補給においても優れた食品です。

(※但し、現代の味噌、醤油、御酒、お酢、漬物は、加熱処理やPH処理によって菌や酵素の活性を止めてしまっていますから、このような効果は期待できません。)


夏場の「冷え・冷房病」こんな症状に要注意
体を冷やしやすい野菜
陰陽の観点から

暖かい野菜、冷たい野菜


 野菜の中にも体を温めやすい食べ物や、冷やしやすい食べ物もあります。

茄子、トマト、スイカ、ナシ、バナナ、キュウリ、冬瓜、ホウレンソウ、セロリ、クレソン、セリ、アスパラガス、ミツバ、レタスなどは体を冷やしやすい食べ物です。

体が冷えやすい方は、生での多食を避けて下さい。加熱調理することで、それは防げます。トマトでも、トマトソースにすると良いでしょう。

体質と食品の陰陽

中国医学(漢方、薬膳)、マクロビオティック、東洋医学による体質と食品

食品の陰陽もあれば、人にもそれぞれ体質があります。

実証(熱、陽)タイプの人もいれば、虚証(寒、陰)タイプの人もいます。
そしてそれぞれに合った食品の摂取をしなければなりません。

もっと詳しく

⇒次へ