• グリーンポプリ株式会社の代表 後藤 洋の考え方や情報を発信するホームページです。

プロバイオテクスとプレバイオテクス グリーンポプリ腸内環境研究会 

プロバイオテクスとプレバイオテクス 腸内環境研究会 グリーンポプリ

 腸内に善玉菌を増やして腸内フローラをよくするためには、2つの方法があります。プロバイオテクスとプレバイオテクスです。

プロバイオテクス

 プロバイオテクスというのは、腸内フローラの改善に役立つ生きた善玉菌や酵母を摂り入れることです。乳酸菌やビフィズス菌、酪酸菌などです。これらを生きたまま含んでいる、ヨーグルトや乳酸菌飲料、漬物、キムチなどが該当します。納豆菌は乳酸菌を助けるので、広くは納豆も入ります。

 乳酸菌の摂り入れ方には生きた乳酸菌を摂り入れる場合と、殺菌された乳酸菌を摂り入れる場合とがあり、ここでのポイントは生きたまま摂り入れるということになります。生きたまま摂り入れるということは、摂り入れた乳酸菌やビフィズス菌がそのまま私達の腸の中に棲み着いてくれて、そして乳酸や酢酸などの短鎖脂肪酸を生み出してくれるなど、私達の健康に寄与してくれることを期待するものです。

 ところが最近の研究では外から摂り入れた乳酸菌が腸内にとどまるのはせいぜい2~3日程度であり腸内には定着できないことがわかっています。外から摂り入れた菌は、ただ単に私達の消化管を通過するだけの通過菌なのです。常在菌と通過菌は違うのです。

 そして更に乳酸菌は殺菌体を摂り入れたとしても腸内フローラの改善に寄与することがわかっています。そうなると生きたまま摂り入れるということに固執する意味も薄くなってしまいます。

プレバイオテクス

 プレバイオテクスというのは善玉菌のエサとなる、オリゴ糖や食物繊維などの難消化性成分を摂り入れることです。難消化性成分ということは、私達には消化吸収ができない成分ということです。オリゴ糖には消化性のものと難消化性のものとがありますから、実際に善玉菌を育てる力が強いのは難消化性のオリゴ糖です。また食物繊維は不溶性と水溶性とに分類できますが、腸内細菌のエサになりやすいのは難消化性のオリゴ糖のほうです。どんなに腸内環境が悪いといえども私達の腸内には多かれ少なかれ善玉菌は存在するのです。ですから難消化性のオリゴ糖や水溶性食物繊維など、善玉菌のエサになるものを摂り入れることで、自分自身のMy善玉菌を増やすことができるのです。