本気で挑む冷え性・低体温HOME。末期癌を克服して27年冷え性根絶を目指しています。伊豆高原温熱磁気体験センターへお越し下さい。
HOME > グリーンポプリ
















中国薬膳

中国薬膳9
季節にあわせた食事をしましょう





人の健康というのは季節によっても左右されています。
冬になると関節が痛み出す。
湿度の高い梅雨の時期になると痰がでる。
秋で乾燥してくると肺が乾いてウイルスにやられてしまう等。

つまり季節によっても養生法も変わってくるのです。
冬の時期に体を冷やしすぎると、春までの間に
充分滋養できずに体調を崩すこととなります。

それに合わせて食事も変化をつけてゆくこととなります。

春の食養生

 春の3ヶ月を「発陳」といい、芽生えの季節です。

全てのものが発生し活動する季節だから、朝早く起きて体を動かし冬の間縮こまっていた志をのびのびとさせてやり、精神の開放をし、陽気の発生を助け陽気を閉じ込めないようにしなければなりません。
 この養生法に従えば肝の働きが阻害され発病します。

夏の食養生

 夏の3ヶ月を「蕃秀」と呼び、生長の季節です。

全ての草花が栄えて茂る季節となる。この季節には夜更かしすることなく、精神を昂ぶらせること無く、肉体的には陽気の発散を心がけねばならない。
 この養生法に逆らえば、体の中に鬱熱が蔓延し、心が閉じこもり、心臓に負担をかけることになる。

秋の食養生

 秋の3ヶ月を「容平」といい、収斂の季節です。

物事全てが
収まり安定する季節である。天地の空気も澄み、万物が収斂(しゅうれん=ひきしまる)し、身も引き締まる。この季節には志をやすらかにし、成し遂げられなかった志を悔やむことなく、冷えを受けて肺臓を傷つけることの無いように注意しなければならない。
 この養生法に逆らえば、肺臓を傷つけ病を引き起こす事になる。

冬の食養生

 冬の3ヶ月を「閉蔵」といい、物皆閉じこもる季節です。

水は凍り、地はかてつき、天の陽気もこれを和らげる事は出来ない。この季節にあっては、夜は早く寝、朝はできるだけゆっくりと起きて、寒気に損なわれないように体を温めてあげなければならない。精神的にも焦らず肝気を鎮めてあげることが大切。
 この養生法に逆らって過労して汗をかきすぎたり、寒に触れて体を冷やしたり、陽気をむやみに逃がせば、冬に働く「腎臓」を傷つけ発病する。

梅雨時期

 梅雨時期は空気中の湿度が高く、雲に覆われ閉じこもっているので、体内の水分が放出されず、水が溜まり易い。体内に余分な水分が溜まり津液が鬱滞することで、それは痰飲(汚れた水分。湿熱を含んだ水分)となり、発病する。その汚れた水分は、痰となって外に出たり、鼻汁となって外に出たり、ジクジクした蕁麻疹となって外に出たり、その病症には湿熱を伴う。


 日本には以上のような「四季」というものがあり、それに応じた食養生というものを心がけてきました。

「旬には旬のものを食べなさい」というのがそれで、これには2つの意味があります。

旬の野菜というのはそれだけ生命力に溢れた食材であると言えるのです。これは実際に栄養学的にも実証されていることで、ホウレンソウ一つをとってみても、旬のホウレンソウとハウス栽培のそれとでは、ビタミン群の含有量を始めとして、栄養成分が全然異なるのである。旬の野菜の方が断然栄養があるのです。



 また、食養的に考えてみても夏の「キュウリ、トマト」は暑い夏に体を冷やすために、食べるものなのです。キュウリ、トマトはカリウムが多く利尿作用(おしっこを出す作用)が強い食べ物で、おしっこを出すという行為は水分と一緒に熱も排出してくれることでもあるのです。

 また、夏というのは暑いですが、この時期にどうして汗をかくか?
 冬の間に縮こまっている間に溜まった毒(古い塩など)を汗とともに排出することになるので、夏は排毒の季節でもあるのです。



冬は当然寒いですから暖かいものを食べましょう。ニラやネギ、ニンニク、生姜は体を温め良いものです。ただ、東洋の食養やマクロビオティックではニンニク、生姜は陽性ではなくて陰性の食べ物として「体を冷やす」と言われています。ニンニク、生姜は中医学では「温性」の食べ物で陽性、体を温め発汗を促す食べ物なのです。しかし、発汗という作用は汗という水分を外に出す事ですから当然熱も奪います。当然温まった後に体は冷えてくるのです。温泉に入った後も同じ事ですが、その後厚着をして温まった体を持続するような手段をとらなければ、ニンニク、生姜で温めても意味がありません。





僕の玄米菜食・薬膳料理・食養生を公開
〜おいしく・楽しく食養生生活〜


末期癌克服自然生活









ぽかぽか温熱ショップ(お買い物サイト)へ