本気で挑む 冷え性・低体温 グリーンポプリ

トマト/本気で挑む冷え性・低体温【食品辞典】






ナス科とまと属
Lycopersicum esculentum Mill.



五味
微甘・酸
五性
帰経
肝、脾、胃


 トマトは南米のペルー、エクアドル原産で、アンデス山脈などの亜高山が原産です。

 なす科の植物も多く野菜として食卓に上がっています。ナスはもちろんのこと、トマト、ピーマン、ジャガイモ、トウガラシ、クコなどはナス科の植物です。ジャガイモはちょっと意外な感じがしますね。


成分特性

リンゴ酸、クエン酸、酒石酸、コハク酸、
アデニン、トリゴネリン、コリン、カルシウム、リン、鉄、
ビタミンA、B1,B2,B6,C,K,P(ルチン),葉酸と、を含みます。

ビタミンC,ビタミンE,ビタミンA,カリウムを多く含んでいます。しかしながら全食品の平均値を上回っている成分はビタミンCのみ(五訂成分表)です。

中でもビタミンC、ビタミンB6は脂質の代謝を促進しますから、
肉を食べたり、油物の多い洋食にトマトが合うのは納得できます。


体を冷やす

体を冷やすので、多食は避け、冬季は煮るなどして温めてから食べましょう。
体が冷えている人や、虚弱者も食べ方に注意しましょう。


トマトの赤はリコピン

トマトの赤い色はリコピンです。
抗酸化作用はβーカロテンよりも強く、ガン予防効果もあります。


血圧降下作用

トマトには血管を強くして血流を促進するビタミンP(ルチン)、ナトリウムの排泄を促すカリウムを多く含むので、血圧を下げる効果が強いと言われています。




冷え性・低体温
腸内環境研究会
食養生
玄米菜食

その他コンテンツ