本気で挑む 冷え性・低体温 グリーンポプリ

タマネギ/本気で挑む冷え性・低体温【食品辞典】






タマネギ/食品辞典







漢方名
五味
五性
帰経
肺、胃
成分
ショ糖、ブドウ糖、アリシン、アリイン、フラボノイド、芳香族カルボン酸、ステロール、ビタミンC、カリウム、カルシウム、リン、クエルセチン(フラボノイド系黄色色素)、アントシアン(赤色種)
作用
抗菌、抗炎症、鎮痛、去痰、抗リウマチ、利尿作用、他に循環器系疾患に特に良い。

素晴らしいタマネギ

タマネギは辛温性の食べ物で、体を温め新陳代謝を活発にしてくれる、滋養強壮の食べ物です。身近にある野菜の中でも、特に有用な野菜の一つでしょう。

ショ糖、ブドウ糖等の多くの糖分を含みます。

ネギの仲間は独特の臭い匂いや辛味があります。
これは「硫化アリルと、二硫化プロピルアルコール」が元です

眼が痛くなる硫化アリル

タマネギを切ると涙が出てくる。
これはタマネギの中の揮発性成分「硫化アリル」の仕業です。
ところがこの硫化アリルが効くんだ。

硫化アリルの働きは

  • 消化液の分泌促進
  • 新陳代謝を高める
  • 疲労回復

ですから、胃腸が弱っているときには、食事も進みますし、
温める働きもありますので
胃腸が冷えて機能が低下している時には
胃腸を元気にしてくれるでしょう。

新陳代謝も活発化して体を温めてくれます。

スタミナアップ

硫化アリルビタミンB1と結合し、アリチアミンとなり
B1吸収を助けますから
糖質代謝を促し、
心臓の働きを正常化し、
エネルギー、スタミナUPしてくれます。


硫化アリルが注目されるのは、血液サラサラ効果があることです。

解毒殺虫

アミノ酸も豊富

また、玉葱の蛋白質を構成するアミノ酸の種類は20種類以上にも及びます。
特に多いのはアルギン、グルタミン酸。

タマネギの皮に注目

タマネギの皮には、ケルセチン(クエルセチン)という黄色い色素が多く含まれています。 ケルセチンはフラボノール類に属するポリフェノールです。タマネギの他にも、柑橘類やりんご、赤ワインなどに含まれています。

ケルセチン(クエルセチン)の抗酸化力

このケルセチンには抜群の抗酸化力があるのです。
本当か嘘か、もしお鍋を焦げ付かせてしまって、どうしようもない。 ということがありましたら、タマネギの薄皮をむいて、煮てみて下さい。焦げがどんどん落ちて行きます。

ケルセチン(クエルセチン)の作用

玉葱に含まれる黄色い色素クエルセチン(フラボノイド系)には降圧効果があり、合わせて高血圧、動脈硬化、循環器系障害予防にもなります。ただ薄皮なんて食べないしなー。

玉葱に含まれる硫化プロピルにはガンの予防効果もあります。
その他殺菌効果もあります。

利尿作用

タマネギのその他栄養成分

五訂食品成分表に記載がある栄養成分の中で、タマネギが全食品の平均値を上回っている成分はありません。

タマネギ 調理のポイント

硫化アリル及びビタミンB1は、水溶性で水に溶け出やすく、熱にも弱いので注意して下さい。


冷え性・低体温
腸内環境研究会
食養生
玄米菜食

その他コンテンツ