本気で挑む 冷え性・低体温 グリーンポプリ

エンドウ(豌豆)/本気で挑む冷え性・低体温【食品辞典】







エンドウ(豌豆)/食品辞典



漢方名
豌豆
五味
五性
帰経
脾・胃

栄養の豊富さは野菜中トップクラス!

サヤエンドウとグリーンピース

エンドウには、さやごと食べるサヤエンドウと、未成熟なグリーンピースがあります。

グリーンピースは発芽途上の未成熟状態で収穫されるだけに、
栄養素はかなりあります。

中国医学上のエンドウの働きは以下の通りです。

●益気和中
●利湿解毒

これを詳しく解説しますと

胃腸の働きを元気に

脾・胃を健康にして、気力を補い元気をつけてくれる食べ物です。
他の豆類同様元気をつけるために食べたいものです。

「気」というのは、元気の気ですし、気力の気でもありますし、やる気の気でもありますが、要はエネルギーのようなものです。

陽の気が足りないと、元気が出てきません。

気は何から生み出される
気は何から生み出されるかと言いますと、

一つは私達が吸った、吸気。

もう一つは食べ物です。

ただ、食べ物を食べても胃腸の働きが悪くて、消化が悪いと、

気が生み出されないんですね。

そう、元気が出てきません。

除湿と排毒

また軽い解毒作用があったり、利尿作用があり、体の中に溜まった汚い水分を排出してくれます。

利尿作用・排毒作用などは、小豆や刀豆、緑豆にもありますが、これも豆類に共通する作用ですね。

豆のお粥は体内に停滞した汚い水分を排出・排毒するのによく使われます。特に中国では梅雨から夏にかけて緑豆粥を毎日食べます。これは湿度の高い梅雨時から夏にかけて、排毒する意味もあるんですね。

糖尿病の方は常食を

「糖尿病」には特に良く、常食すると良いです。

栄養成分的に非常に優秀な豆

栄養成分的には非常にバランスが良く、一般にエンドウ類(サヤエンドウ、グリーンピース)はビタミンB1が多く、蛋白質の質の面でもとても優秀です。

優秀な蛋白質・アミノ酸
サヤエンドウの遊離アミノ酸は全野菜中最高で、グリーンピース中には成長やスタミナに関係あるリジン、アルギニン、アスパラギン酸がとても多く含まれています。 リジン、アルギニン、アスパラギン酸というのはアミノ酸です。

アミノ酸というのは、蛋白質を構成する成分で、蛋白質を作るための部品のようなものです。

その他の成分
カルシウムとリンはバランス良く、1対1の割合で含まれています。

また他の豆と比べて、カロチン食物繊維が多いのが特徴です。

カロチンはカボチャに匹敵するほどです。

生活習慣病の予防に
殆ど全ての豆類にはゲニステインという癌予防栄養素を含みます。
ゲニステインは癌予防だけに限らず、血液凝固を防ぎ、虚血性発作や心臓発作を予防してくれます。


冷え性・低体温
腸内環境研究会
食養生
玄米菜食

その他コンテンツ