本気で挑む 冷え性・低体温 グリーンポプリ

玄米菜食と実際/本気で挑む冷え性・低体温【玄米菜食編】
















私のアレルギーは玄米菜食で治ったのになぜ?


私は幼少時に「小児喘息」、「アトピー」、「蓄膿症」といった、アレルギーは全て持っていました。それが、玄米菜食を行なう事で完全に治ったのです。


そして親父は末期癌になった

我が家では10年以上完全な玄米菜食(マクロビオティック)であったにも関わらず、私の親父は余命3ヶ月の末期癌になってしまいました。その時、玄米菜食(マクロビオティック)が完璧ではない事に気付きました。

玄米菜食(マクロビオティック)は確かにリスクを低減してくれる食事法だと思います。

しかし、リスクを回避しているだけでは、本当の健康は得られないということに気がつきました。


食事は病気の要因の一部だ

やはり食事は健康の中で一部に過ぎない
健康を決めるのは食事だけではない

それでやはり、「食事は健康の中のほんの一部の要素であり、健康を決めるのは食事だけではない。」という考え方になりました。


心だって、体の歪みだって

では食事以外にも重要な要素はというと、心とストレスと自律神経の問題であったり、生活習慣であったり、体の歪みであったりするのです。体の歪みからでも病気は生まれますし、食事では歪みは治りませんから。



では何故親父は末期癌になったか?

ここでまた親父の話に戻ります。その当時、東証1部上場企業の全国トップセールスを長年維持し続けた親父は、本社に移り管理職として超多忙な毎日を繰り返していました。毎晩12時より前には帰ってきたことがないくらいでした。それでも真面目な親父は、外では絶対に外食はせずに、毎晩12時過ぎに家に帰ってきてから、玄米菜食を食べていました。


食養生リンク

冷え性・低体温
腸内環境