本気で挑む 冷え性・低体温 グリーンポプリ

完全玄米菜食にする前に食事を変えてみれば?/本気で挑む冷え性・低体温【玄米菜食編】















食生活をチョット変えてみる




完全玄米菜食に切りかえるって勇気がいりませんか?


でも今の日本人の食生活は食べ過ぎと、必要な栄養素が摂れていないことが一番の問題なのだから、その辺をチョットいじるだけでも変ってきますよ。

動物性食品の量を減らしてみる

 動物性食品とは、肉、魚、卵、牛乳、チーズ等です。動物性食品というのは脂肪や蛋白質に富みます。その他、食養の世界では所謂「古塩」と呼ばれる、動物の体内に蓄積したナトリウムが入っています。現代の食生活は、高カロリー過ぎるので、生活習慣病を誘発する要因となっています。
 また動物は地物ならば良いですが、ほとんどのものは、農薬のかかった牧草を食べて、ホルモン剤で成長を良くして、抗生物質で病気を防ぐという、大変薬漬け状態です。
 その他、私が環境の事をとやかく言う気はないですが、世界の人たちが家畜を飼うために木を切り倒して牧草地帯にしてしまうので、ジャングルや森がどんどんなくなっていって、地球温暖化と、砂漠化を促進しているそうです。日本人は食料を得るのに、畑を開墾して偉いな、勤勉だなと思います。
 但し、そんなに毎日大量に食べるような事がなければ、そして運動したりして消費していれば、良いのだと思います。

野菜類を多く摂ってみる

 現代食の問題は「運動不足で消費しないのに沢山食べることと、野菜不足、過剰な冷飲食だ」と思います。
 野菜には食物繊維や、ビタミン、そして植物性栄養素(ファイトエナジー)と呼ばれる物が多く含まれています。出来るだけ野菜の摂取を心がけたい物です。
 しかし、

ご飯食を中心にしてみる

今までパンやスパゲッティー等、小麦食が中心だという人は、ご飯食を中心にしてみてはいかがですか?小麦はほとんどが輸入物であり、輸入ものの農薬は国内産の比ではなく、安全性に疑問符がつきます。

白米を胚芽米にしてみる

 白米は「かす」だと言われています。それは精米作業によって栄養のある部分がほとんど殺ぎ落とされているからです。それでほとんど糖質である、デンプンしか残っていない状態です。それを胚芽を残してある、胚芽米に変えてみてはいかがでしょう?
 味もほとんど白米みたいなものでおいしいですよ。

雑穀を混ぜてみる

 稗や、押麦、燕麦、粟、アマランサス、赤米、黒米、そして小豆や黒豆、緑豆などを、ご飯と一緒に入れてみてはどうでしょう?本当においしくなりますよ。私は雑穀無しでは本当に物足りなくて仕方ないです。穀物の種類によって味が違うじゃないですか。だから色々な物が入っていると、味に深みと広がりが出るんですよね。
 そしてまた、赤米だと米の色も赤く染まりますし、黒米だと紫色に染まります。色が違うだけでご飯に高級感が出て、楽しみになるんですよね。
 ただ注意しないといけないのは、小豆など豆類を入れる場合には粒が大きいので圧力釜や相当水に浸しておかないと硬くなってしまう事です。だから豆を入れる事は結局面倒くさくて、やらなくなるかもしれませんね。

半分発芽玄米にしてみる

 玄米は食物繊維も多いですし、その他ビタミン、ミネラルも多くて完全栄養食と呼ばれています。ですから、お米なら玄米が一番最高です。僕の経験上、胚芽米とは比べ物になりません。
 しかし、味や色にクセがあったり、炊き方が微妙であるのでイマイチ皆が食しにくいものだと思います。炊き方が微妙という意味は、玄米は圧力釜で炊いた方がおいしく、電気釜なんかで炊くとパサパサで食べられないという意味です。
 そこで半分だけ玄米にしたりすると、玄米もかなり食べやすくなります。しかしここでもまた問題発生。春夏の場合、胚芽米だと30分も水に浸ければ電気釜でもふっくらと炊けますが、玄米はそうはいきません。玄米は一晩は浸けないとおいしく炊けないのです。しかも夏に一晩水に浸けると何か変な臭いがしますしね。結局玄米だけ先に煮ておいたりと、非常に面倒臭いんですよ。
 そこで発芽玄米の登場です。発芽玄米は吸水が良いので、白米と一緒に炊けるんですね。だから発芽玄米がオススメです。しかし発芽玄米はマズイですけどね。やはり時間と根気のある人は、本当の玄米にして下さい。その方がおいしいですよ。ご飯は義務ではないので楽しく、おいしく食べないと栄養になりませんからね。



食養生リンク

冷え性・低体温
腸内環境