本気で挑む 冷え性・低体温 グリーンポプリ

腸内環境と美肌/腸内環境研究会







腸内環境研究会

美肌と腸内環境


腸は血液の源
ドロドロ血液は生活習慣病の根源

何故ならは、血液排毒の根源なので

便秘下痢をなめていると、恐ろしいことになりますよ。

癌や心臓病、脳梗塞など生活習慣病
便秘下痢、肩こりなど
皆さんがごく馴染みのある症状の時から始まっているのです。

病気はなってから治すのには、大変な労力もお金もかかります。
ですから普段から、セルフメディケーションが必要なのです。

それに、ガンだの、アトピー、花粉症、アレルギー、月経不順、婦人病だのとは言っても、

病気の根源は、奥底で一つに繋がっているものです。

つまり「体質の悪化」と言えば良いのでしょうか?

腸の大切さを見直してみましょう。



腸は思っているよりも重要な働きをしている

“腸は消化吸収して便を作るところ”。

普通、皆さんはそういう風に思っているのではないでしょうか。それは当たっているようで当たっていない気がします。 私は長年「健康」というものに関わってきて、自分の実体験としても、色々な人のお話を聞いても、病気の人たちと関わってきても、 「健康・美容での腸の重要性は疑う事が無い。」と思います。腸の中でも最近は特に腸内細菌の沢山いる“盲腸”にスポットが当たっています。 世の中、乳酸菌や、酵母菌納豆菌など菌を謳った機能性食品だらけです。それだけ腸に関して関心をもたれているし、また悩んでいる人も多いのでしょう。 たかが、便秘・下痢と言えどもどれだけ多くの大病につながっていく事か。これはグリーンポプリに末期ガンのお客様ばかりがいらしていた事から、痛切に感じた事です。 「便秘・下痢で笑っていられるうちに、健康について考えたい。」というのが、私の考えです。ですから私自身もそれを一番重視しており、気を配っています。腸は


ということで、最も重要な器官の一つです。

血液って骨髄で造るんじゃないの?
腸造血説

西洋医学ではそういうことになっていますよね。血球は。でも東洋医学では“腸造血説”なんてものがあるんですよ。 確かに血球は骨髄で作っているのかもしれませんけど、血液中に脂や糖、有害重金属等、食べて吸収した物が血液になりますよね。 腸内腐敗していれば、悪玉菌が毒を出しますし。毒を吸収すれば血液は汚れます。栄養の吸収不全でも良い血液は出来上がりませんし。結局、腸が血液の元なのですね。

腸内腐敗で腸内が汚れると血液も汚れる
腸内で生まれた有毒ガスはどこに行く?

腸内環境が悪く、悪玉菌ばかりで、悪玉菌達が有毒ガスばかり産生していたとしたら?これを腸内腐敗というのですが。

それはくさーいおならとして出るか

血中に吸収されるしかないですよね。

おならとして出れば地球の空気を汚すだけですが、血中に吸収されたら血液を汚します。小腸から毒も栄養も吸収した血液は門脈を通じて肝臓に送られ、無毒化処理を行います。化学物質が多い食事や、脂っこい食事、腸内腐敗は肝臓にとても負担をかけることになります。1日2日ではどうにもならないですが、これが10年20年となると疲弊してきます。「お酒を飲まないでの肝臓は大丈夫。」だなんて思わないで下さい。腸内腐敗で、肝臓を痛めつけているかもしれません。

ドロドロ血液だと血流も悪化する

さらに血液が汚い(ドロドロ)と、肌など末梢の血管まで新鮮な血液が行き渡りません。血液は酸素や、栄養、ホルモン、免疫細胞などを体の隅々まで送り届ける運河です。一方で二酸化炭素や老廃物を運び出しているのです。この流れが滞ると 肌に、酸素も栄養も行き渡りません。 老廃物も排泄されません。血液が流れないと言う事は、淀んだドブ川みたいなものです。 肌もカサカサです。血液を浄化する、“肝臓”や“腎臓”にも負担をかけてしまいます。 複雑な毛細血管で出来ている“肺”にも負担をかけます。もちろん循環器系にも負担をかけます。だから血液をきれいに保たねばならないのです。 その血液きれいの根源は腸内環境にあるのです。

腸内環境の乱れが表れる所は?



腸内環境の乱れは肌に表れる

血液の汚れはすぐに肌に表れます。肌艶がなくなったり、肌色が悪くなったり、肌が荒れたりするからです。

「内臓は内側の肌」という表現をよくされます。

内臓(口から食道胃腸まで)も肌も1枚で繋がっている訳ですから、内臓(腸内)が綺麗だと皮膚も綺麗なのです。

逆に肌が荒れていると内臓も(腸内)荒れているといわれます。

美肌は、腸内環境のバロメーターとなるのです。

肌を綺麗にしたければ、内臓(特に胃腸)を綺麗にすれば良いのです。



きれいな肌をつくるためには腸内環境をよくする

きれいな肌を作るためには血液をきれいにすることであり、血液をきれいにするための第一歩は腸内環境(腸内フローラ)をよくすることです。 腸内フローラが良くなれば、血液もきれいになり、肌もきれいになります。

良い腸内環境を保つためには野菜中心の食事と発酵食品

腸内細菌叢ともっともかかわりがあるのが、食事ですね。

肉、卵、乳製品、砂糖、油脂が過剰で、尚且つ野菜不足だと、腸内環境は間違いなく悪化します。

食べすぎたり、食事をよく噛まないで、消化不良が続いても腸内環境は悪化します。

不規則な食生活も、腸内環境を悪化させます。

腸内環境を良くする食べ物

逆に腸内環境を良くする食事は、野菜など食物繊維の多い食べ物を摂る事。腸の掃除をしてくれますし、善玉菌のエサにもなります。

そして、乳酸菌、酵母菌、納豆菌、酢酸菌など、微生物による発酵食品を多く摂る事です。 まずこれらには酵素が多く含まれていますし、菌自体を補う事でプロバイオテクス(腸内環境を支える善玉菌を補う事)になります。

良い腸内環境を保つためには運動をする

もう一つは運動です。腸の筋肉が弱ると、便を外に排出しようとする“蠕動運動”が正常に行えなくなります。運動をして体の筋肉を保つ事も重要です。

また、歩行などで「トントン」と腸に刺激を与える事も大切な事です。馬の腸は物凄く長いんです。それで、馬の場合毎日毎日走って運動をしないと腸が腐って死んでしまうんです。






腸内環境関連リンク

食養生関連リンク
冷え性・低体温関連リンク