腸内環境研究会

腸内細菌との助け合い/腸内環境研究会






こちらのページは2002年から2005年に作成したページです

腸内細菌との助け合い



私達は私達一人で生きている訳ではありません。

私達の体には無数の細菌達が住み着いています。

肌にも、舌にも、腸内にも。

特にお腹(腸)の中には最も多くの腸内細菌が住んでいます。

腸内細菌は私たちのお腹の中に住みながら、
私たちの健康にとって有益な働きをしてくれます。
私たちは腸内細菌の助けを借りながら生きている
ということを忘れないでください。

それと同時に積極的に腸内環境を育て、
腸内細菌の働きを利用して健康維持に役立てることもできます。

ここでは腸内細菌について考えてみます。


微生物が住んでいる

 ヒトの口の中にも、胃の中にも、十二指腸の中にも、小腸の中にも、大腸の中にも沢山の微生物が住んでいるのですよ。 共生関係といって、ヒトも微生物も助け合って生きているんですね。ピロリ菌のように、場合によっては悪さをすることもありますが。


大腸(盲腸)内に最大

 私たちの腸内には100種類100兆もの細菌が住み着いています。その中でも大腸特に盲腸内に最大数の微生物が住んでいます。 これを「腸内細菌叢(腸内フローラ)」と呼びます。「叢(そう)」という文字は訓読みで「くさむら」と読みます。

善玉菌と悪玉菌


 これら細菌の中には、私たちにとって良い働きをしてくれる細菌もいれば、悪い働きを及ぼす細菌もいたり、 どちらにでもなりうる細菌もいます。それを善玉菌、悪玉菌、日和見菌といいます。

(1)善玉菌(良い働きをする)
(2)悪玉菌(悪い働きをする)
(3)日和見菌(どちらにもなりうる)

 ただし忘れてはならないのは、菌自体に良いも悪いもないということです。 あくまでも私たちにとって有用であるものは善玉菌で、有害であるものは悪玉菌であるとか、ある意味上から目線での判断ですね。

悪玉菌はいない方が良いの?
いえいえ

では
悪玉菌はいないほうがいいのか?

これが問題

実は悪玉菌は人にとって見れば有害な物質を作り出すかもしれませんが


その悪玉菌が産生したものを、善玉菌が食べて生活していることもあるのです。

つまり善玉菌も悪玉菌も、日和見菌もお互いがいることにより、それぞれが生活していけるわけで、仮に悪玉菌だけを排除したとしたら善玉菌は存在し得ないのです。


 また後述しますが、免疫学的な考え方からすると、悪玉菌と呼ばれる細菌が、本当に悪玉か否かは疑問が残るところだと思います。 つまり悪玉菌が必ずしも悪ではないかもしれないということ。

悪いからって退治しては駄目

最近、「除菌」、「滅菌」、「殺菌」という言葉が大流行で、

台所用洗剤も、手洗い用石鹸も、洗濯用洗剤も

「除菌」、「滅菌」

ですね。

でも昔は滅菌も除菌もしていなかったんですよね。

それでも特に問題って起きなかったんですね。

私たちの手にも、顔にも、腸内にも、私たちを支えてくれている良い細菌も住んでいるからです。

私たちと一緒に住んでいる(共生)細菌は、よそから来た細菌を排除しようとします。ですから通常腸内細菌叢が元気であれば、 多少の悪い細菌が外から入ってきても、腸内細菌によって排除されてしまうはずなのです。

でも「除菌」、「滅菌」などといって、

私たちを守ってくれている良い菌も排除してしまっていると、
私たちは孤立無援の丸裸になってしまうのですよ。


腸内環境関連リンク

食養生関連リンク
冷え性・低体温関連リンク