腸内環境研究会

盲腸内発酵/腸内環境研究会






こちらのページは2002年から2005年に作成したページです


盲腸内発酵




盲腸には最も多くの腸内細菌達が住んでいます

腸内細菌叢(腸内フローラ)

盲腸は大腸の中でも、小腸との合流点付近にあります。

盲腸は腸内細菌が最も多く生息している所です。
腸内細菌たちがお互いに持ちつ持たれつの関係で
コミュニーティーを形成しています。
このコミュニティーのことを
腸内フローラ(腸内細菌叢)と呼びます。

腸内細菌叢(腸内フローラ)ってどこのこと?




腸内発酵(盲腸内発酵)

腸管の中では腸内細菌達により、食べ物や、カスや、有害物などが処理されています。善玉菌は腸内のものを食べて(代謝して)、乳酸、短鎖脂肪酸などの代謝産物(たいしゃさんぶつ)を産みだします。 これらは結果的に腸内を酸性化し悪玉菌の増殖を防いだり、免疫力を高めたりします。これらは人にとってよいことなので、「発酵」と呼びます。 一方で悪玉菌は腸内のカスを食べて、人にとって有害な代謝産物を産みだします。時には発がん物質さえも産みだします。このように悪玉菌による発酵は、特別に「腐敗(ふはい)」と呼びます。 つまり発酵も腐敗も、化学反応的にみると全く同じ反応です。大腸の中でも特に盲腸内は最も腸内細菌の数が多く、このような腸内発酵が多く行われています。

腸内細菌は大きな味方

腸内では、善玉菌による発酵で、栄養も沢山生産されます。食物繊維からは、先ほど挙げた短鎖脂肪酸が。 そしてビタミンやアミノ酸、酵素にホルモン、神経伝達物質までもが腸内細菌たちにより生み出されているのです。 昔の栄養学では食物繊維(セルロース、ヘミセルロース、リグニンなど)は0kcalと定義されておりましたが、実は腸内細菌により利用され(発酵)エネルギーが生み出されていることがわかっています(セルロース分解菌)。 外から摂り入れてしまった農薬や添加物などの有害物も、分解して壊してくれる可能性があるのです。

悪玉菌の増殖

特に肉や魚、乳製品などのタンパク質過剰摂取で、窒素化合物が大好きな「悪玉菌」が増殖を始めると、有害物も多数生産する事になります。


良い物も悪い物も生産

盲腸内では、細菌たちにより、人にとって良い物(栄養)も、有害物(アンモニア、アミン類、インドール類、フェノール類、硫化水素、メルカプタンなど)も発生します。 特に分子構造中に、N(窒素)や、S(硫黄)の入った「蛋白質」に由来する化合物は、毒性を示すものが多いです。


●栄養を生産する菌を⇒善玉菌
●有害物を生産する菌を⇒悪玉菌

なんて言われ方をしています。

つまり、「蛋白質の過剰摂取と悪玉菌の増殖は、
大変に恐ろしい。」ということになります。





腸内環境関連リンク

食養生関連リンク
冷え性・低体温関連リンク