本気で挑む 冷え性・低体温 グリーンポプリ

腸管免疫~腸は免疫の要~/腸内環境研究会






腸内環境研究会

腸管免疫
~腸は免疫の要~


免疫

“免疫”と聞いていったいどのようなことを思い浮かべますか?

ヘルパーT細胞ですか?
キラーT細胞ですか?
白血球ですか?

「胸腺免疫」というのが流行りですよね。

免疫とはいっても色々な複合体
免疫システム

実はヒトの

これら全てをまとめて「免疫システム」を構築しているのです。

免疫は理屈では語れない

もう少し詳しく言うと

血液がドロドロで血流が悪くても、
白血球の食作用もままならない。

低体温でも免疫は下がりますね。



もっと言うと

気持ちが暗ーく落ち込んでいる時
風邪を引きやすいですよね。

気持ちが塞ぎこんでいて
気血の流れが悪いだけで免疫は下がるのです。
逆に楽しくて、幸せで、笑っている時には免疫は上がりますよ。

つまり体全体で考えないと

免疫の起源と腸管免疫

ところで腸管免疫

生命の進化の過程で


生命がまだ海にいた頃最初にあった免疫

腸管免疫だったんです。

まあ一番原始的な免疫といえばそうなんですけれど。

T細胞に代表される胸腺免疫というのは
物凄く高度な免疫機能で、
ずうーっと後からできた免疫なのです。

一生働く腸管免疫



ところがこの高度な免疫機能
胸腺免疫は、20際をピークに徐々に機能低下してゆき
50歳になると、ほぼ機能しなくなるのです。

「人間の免疫の70~80%は、腸管免疫に依存している」
と言われています。

腸管免疫は、
腸内環境が良い限り、高齢になっても機能し続けます。





腸内環境関連リンク

食養生関連リンク
冷え性・低体温関連リンク