本気で挑む 冷え性・低体温 グリーンポプリ

毒なのか機能性成分なのか/本気で挑む冷え性・低体温









薬と健康食品



健康食品をどう理解するか(2)
薬と健康食品


薬と健康食品

薬と健康食品の違いは?
生薬も薬も一緒?



「薬健康食品も、野菜であっても同じ植物である場合においては、 同一線上にある物だ。」と思います。但し、「その薬効の強さに違いがあるだけだ。」と思います。

例えば野菜は味にクセもなくおいしいですが、野草になるとチョットアクと呼ばれる エグ味だったり、渋みだったりが出てくるんですね。

ところがこういった、アクと呼ばれる物こそが、植物の機能性成分だったり、 はたまたであったりするのです。

アルカロイドだったり、タンニンだったり、サポニンだったり。


アクや毒こそ薬

例えば小豆を煮ると、泡がでてきますよね。
これはアクと呼ばれています。
でもこういった中に機能性成分=サポニンが含まれていたりするわけです。

ただ、こういったアクという物も、
ヒトにとって良い働きをしてくれれば「機能性成分」と呼ばれますけれども、
害を与えれば「毒」と呼ばれます。

また、こそ人に対して強烈に作用するわけですから、になったりもするのです。

よく効くと言う事は本当は怖い

例えば
トリカブトや、クサノオウは有毒植物ですが、同時に薬でもあるのです。


例えば、中枢神経を麻痺させて、酷い場合には死に至らしめる怖い植物があるとします。
でも神経を麻痺させるということは、
麻酔薬にもなりますし、鎮痛薬にもなりますね。
アヘンは「アヘン戦争」で知られるように、麻薬ですね。
でも元々は、薬用です。

つまり、「毒も薬も諸刃の剣」といったところなのです。

よく効くということは本当は恐い事なのですよ。

野菜はクセがないが薬にはクセがある

ところで健康食品と、の違いでしたが、


植物の中でも
●癖が無くておいしく食べられる物が野菜

●それよりもチョット苦かったり、渋かったりが強いのが健康食品。

●そういった機能性の効果が更に強力な物が、生薬(漢方薬)


と言えばよいでしょう。

そしてそれら生薬の中でも、例えば「~という成分がヒトに対してどういう作用をする」と いう作用機序が判っている成分を、抽出したり、合成したりした、最も強力な薬が西洋薬でしょう。

だから結局、「野菜だろうが、健康食品であろうが、漢方薬であろうが、西洋薬であろうが、 同一線上に乗っかっている物だ」と私は考えています。違いは強いか弱いかの違いだけ。

医食同源、食薬、薬膳

だから、昔から「医食同源」「食薬」「薬膳」なんて言葉があるのも、頷けるでしょう。

皆さんが食べている野菜の中にも、βーカロテンや、サポニン、ポリフェノール、クロロフィル、タンニン、 フラボノイド、ビタミン等、機能性成分が入っているのです。

野菜を毎日食べる事が、薬にもなっているのですよ。

但し、生薬ほど強くないですから、あまり即効性が無いというだけです。




冷え性・低体温
腸内環境研究会
食養生

その他コンテンツ