本気で挑む 冷え性・低体温 グリーンポプリ

健康食品と目安量/本気で挑む冷え性・低体温









健康食品と目安量



「健康食品を、1日どれくらい飲めばよいのですか?」

健康食品の実践的飲用法(3)


飲用量は?

お客様からよく聞かれます。


どれくらい飲めば良いのでしょうか?

まず健康食品は薬ではなく、食品ですから、薬事法によると飲用量を規定してしまってはいけないんです。

薬事法では、食品は効かないし、副作用も無いというのが食品ですから。

ですから健康食品の箱や説明書きを見ると

「~目安に」と書いてありますよね。

ここがポイントです。

但しそれは、法律上の問題であって、お客様からすれば不安ですよね。



健康食品はこまめに回数に分けて

まず健康食品は、お医者さん薬剤師さんから勧められる事は稀であり、 ほとんどが「テレビや雑誌で良いと言っていたから」とか、個人の判断で買われることが多いことです。

しかも
肝硬変や癌など重病の人でも、健康な人でも、胃が弱い人でも、虚弱体質の人でも、 誰でも自由に購入して飲むことが出来るのです。

そして健康食品自体にも、安全性に関する明確な基準がありません。
カテキンイソフラボンなど、高濃度で単独成分を抽出した健康食品も数多くありますよね。 単独成分の高濃度抽出物というのは、それだけ体内に高濃度で入り込むということであり、 事故がおきやすいということでもあるのです。

以上のようなことから、事故が起こっても不思議ではない現状があります。



目安量はあくまで目安


今現在病気の人や、「私は体が弱いな」、「胃が弱いな。」と思われる方は、 目安量よりも少な目の量から始めたほうが良いでしょう。

だって、あなたは目安には当てはまらない事も考えられるのですから。

少な目の量から始めて、何も起こらなければ、徐々に増やしてみれば良いのです。人に拠り目安量は異なるということです。





冷え性・低体温
腸内環境研究会
食養生

その他コンテンツ