本気で挑む冷え性・低体温HOME。末期癌を克服して27年冷え性根絶を目指しています。伊豆高原温熱磁気体験センターへお越し下さい。
HOME > グリーンポプリ > 末期癌克服自然生活
















末期癌克服自然生活

末期癌克服自然生活10


借りた畑で収穫
〜人生90年〜


90歳代のおじいちゃんに
「おい若いの!」と声をかけられる




家族で(7月に)芋掘りをやりました。

親父が菜園を行っているのは、自宅の庭と、隣の空き地と、
借りている畑です。

伊豆高原に「菜園倶楽部」というのがあります。
これは、伊豆高原に住んでいる親父みたいな人達が集まって
菜園をやる会です。



菜園倶楽部の畑が、伊豆高原の「池の里」にあります。
親父も菜園倶楽部のメンバーなので、その畑に頻繁に通っていたら、
隣の畑の農家のおじいいちゃんと知り合って、
畑をただで貸してもらいました。



そのおじいさんに親父が初めて声をかけられたとき、

「おい若いの!頑張ってやっているな!」

と、声をかけられたそうです。

うちの親父は、当時65歳ですよ。

そのおじいちゃんは90歳台で、

元気に畑仕事をやっているそうです。


確かに90歳代の人から見れば、
60歳代は、若者か。
笑えますよね。

「うちの畑を耕してみないか?」
「この年になると、広すぎて出来ないから。」
これが畑を借りるきっかけとなったのです。



でも田舎の方では、「遊休地」が」沢山ありますよね。
畑は常に耕していないと駄目になるそうじゃないですか。
現実、今の農業を支えているのは、
高齢者なんですよね。
食料が自給できなくなったらどうなるんでしょうか?
民族を支えるのはやはり「食」ですからね。



でも本当に田舎で農業をやっている方って、元気ですよね。
やはり、日々運動をやらなければ駄目ですよね。
都会生活、現代生活には多くのデメリットがあります。
「健康食品や、家庭用治療器などは、
その最低限の穴を埋める物でしか無い。」と私は考えているのです。
でも、その最低限の穴を補完しないと
現代生活は成り立たないのではないでしょうかね。

だって「食」って言ったって偏りの多い食事ですし、
運動もしないですし、
頭や神経ばかり使う仕事ばかりでしょ。


⇒次へ


【1】末期癌克服自然生活コンテンツ







ぽかぽか温熱ショップ(お買い物サイト)へ