本気で挑む 冷え性・低体温 グリーンポプリ

野菜と副作用/本気で挑む冷え性・低体温









野菜と副作用


健康食品と副作用(3)

唐辛子にだって副作用らしきものはある

「トウガラシ」を例にとりましょう。
トウガラシの辛味成分はカプサイシンです。これは血液循環を促進します。トウガラシを食べれば、体はポカポカします。 これは良い機能ですね。ここで重要なのは、トウガラシは野菜だということですね。薬でもなければ、健康食品でもありません。 野菜なのに機能があるんですね。しかも胃腸が悪い人が、トウガラシばかり食べたら、胃が焼け付いてしまいますよね。 これは良くない反応ですね。副作用ではないですけれども、なんと野菜にも機能もあって、悪い反応が起こりうるんです。



ネギにだって副作用らしきものはある

「ネギ」にしてもそうですね。体が冷えている時には体がポカポカになりますよね。この正体は硫化アリルという成分です。 このツーンと来る特有の香りは食欲も増進します。しかし、これも胃腸が弱いヒトが多食すると下痢したりしますよね。 野菜にも良い反応と、悪い反応がある証拠です。



サツマイモにだってある

「サツマイモ」を例にとりましょう。サツマイモの中には胃酸の分泌を促進する成分が入っています。ですから、 本には「健胃作用がある」と書いてあります。しかし、これを裏返してみるとあまりに食べ過ぎると、胃酸が出過ぎて、 「胃酸過多」といった状態になってしまうのです。良い反応と、悪い反応があるのです。



ホウレンソウもコマツナも

ホウレンソウもコマツナも、シュウ酸を多く含んでいます。食べ過ぎると結石ができますね。



つまり野菜にですら副作用にちかいものはあるのです

つまり、野菜ですら良い機能性と、悪い反応があるのです。

「物事必ず両面を見て下さい」ということを、一番言いたいです。

「急激に良くなるもの、変化するものには、逆の悪い事がある可能性もある」ってことです。

栄養学でも、「1日30品目、青い野菜も赤い野菜も、黄色い野菜もバランス良く」なんていうじゃないですか。 これは「バランスが一番大切ですよ」ということです。

甘い物だって、お酒だって、脂だって食べ過ぎると病気になりやすいのです。

「中庸」「ほどほど」が肝心ってことです。
一番良いのは、「バランス良く長年食べ続けて、良い体を作り上げる事」であると思います。





冷え性・低体温
腸内環境研究会
食養生

その他コンテンツ