本気で挑む 冷え性・低体温 グリーンポプリ

健康食品と副作用/本気で挑む冷え性・低体温









健康食品と副作用


健康食品と副作用(2)

健康食品と副作用の本音

健康食品に副作用はないのですか?

副作用という言葉は、薬事法の絡みでは薬に対して使用する言葉ですから、
形式上は「ありません」と答えるのが正しいでしょう。

しかし、実際の所はどうなんでしょう?



作用と反作用

西洋薬であろうが、漢方薬であろうが、健康食品であろうが、野菜であろうが、

ヒトの何らか特定のの機能を亢進させたり、制御したりと機能するということがあった場合、

副作用とは言わないまでも、悪い反応が発生する可能性はあります

作用すれば、必ず反作用があります。



副作用とは何か?

例えば、血液ドロドロで、血管はボロボロ動脈硬化血流が極端に悪い人がいます。

このヒトが、血流良くする物を飲んで血流が良くなったとします。

そしたら、血管はボロボロですから、脳などの血管が切れてしまう事もあるのです。

血流が悪いから血流を良くした事はいいが、根本原因である動脈硬化などが改善されずに 血流だけが良くなったために、血管が切れてしまった。これが副作用です。



食品と副作用の例

機能性の成分には苦味の強い物とか、辛味の強い物とかが多いです。

例え食品であっても、唐辛子にはカプサイシンという辛味成分が含まれています。
カプサイシンは、血流を良くしたり、食欲を増進する機能性成分です。

例えば「冷え性」で血行が悪いヒトには、辛味の成分は良いですし、 胃を刺激して胃酸の分泌を促進しますから、食欲増進にもなります。これが良い反応の方です。

しかし、反対に食べ過ぎたり、胃にびらんがあるとか、極度に胃腸が弱いヒトが、あまりにも辛味、苦味の食品を多食すると、逆に胃腸を壊してしまいますよね。


副作用ではないけれども、人の体にとって悪い反応が起こる場合もあります。

このように食品である以上、副作用は起こりうるのです。





冷え性・低体温
腸内環境研究会
食養生

その他コンテンツ