本気で挑む 冷え性・低体温 グリーンポプリ

腸こそ要/本気で挑む冷え性・低体温【こころと健康】






本気で挑む冷え性・低体温/グリーンポプリ





腸造血説

健康を語る場合、何をおいてもまずは胃腸の調子が一番です。

胃腸は食べ物を消化吸収する場所ですが、生体において重要な役割をしている血液は 皆さんの食べた物から作られるのです。西洋医学では「骨髄造血」が基本ですが、 食養の世界「=千島学説」によれば腸造血と言われています。

ここでは血液が何処で作られるか?なんてことはさして重要なことではなく、 「食べた物から血液ができる」ということを認識するだけで充分だと思います。

免疫の要

その他、胃は強い酸性で菌から守られており、腸にもパイエル板という部分があり、 胃腸は免疫の要なんです。胃腸が弱くなると、風邪も引きやすいのです。 腸管免疫は生命が海にいたころから持っていた免疫で、人間の免疫力の80%を担っているそうです。

腸内細菌叢(腸内フローラ)

胃の中は強い酸性であるため菌はあまり居ませんが、小腸になるとアルカリの膵液が分泌されるためphは アルカリ寄りとなり、菌は一気に増えてきます。それから大腸へと行くと生菌数は更に増え、 盲腸に達すると最大となります。

盲腸に居る腸内細菌は腸内細菌叢(腸内フローラ)を形成しており、これらの細菌たちは色々なものを分解したり、 合成したりして人間にとって有用な物質を作り出したりします。

肝臓は人間の中の最大の、分解合成化学工場といわれていますが、盲腸は腸内細菌の力により、 肝臓にも勝るとも劣らない分解合成工場なのです。

従って腸内が汚れてしまうということは、血液の悪化に直結し、 健康に対する影響もすこぶる大きいということになるのです。




冷え性・低体温
腸内環境研究会
食養生

その他コンテンツ