本気で挑む 冷え性・低体温 グリーンポプリ

自身自医~セルフケアの大切さ~/本気で挑む冷え性・低体温【こころと健康】






本気で挑む冷え性・低体温/グリーンポプリ




誰も貴方の本当に辛い症状は判らない。

いつも頭が痛い。
なんか重だるい。

しかし、お医者さんへ行けば
「気にし過ぎですよ。自律神経失調症です。」
なんて簡単に片付けられる。

でも本人の心の中では「そんなはずは無い。本当に辛いんだ。」と
空虚感だけが残る。

つまり、貴方の症状に一番詳しいのはあなたなのです。
だからセルフケアこそ一番大切なのです。



セルフケアの達人

グリーンポプリは、後藤邦汎が末期癌を病院へ行かずに自力で克服したことに始まりました。

それこそ、自分自身が自分のお医者さんとなって、セルフケアで克服したのです。

まさにセルフケアの達人でしょう。

グリーンポプリは毎日毎日、「末期癌」のお客様で溢れていました。

セルフケアとは自身で責任をもつこと

セルフケアということは、人任せにしないということです。
自分で責任をもつということです。

自分で責任をとるということは

自分で勉強もしなければならないですし、
自分で行動しなければならない。
自分でストレスも引き受けなければならないですし、
悪くなっても自分で責任をとらないといけないということです。

本人のやる気こそ命

昔は、世の中では癌になっても「告知はしない」時代でした。

そんな中で、後藤 邦汎は創業当時から
「癌には告知が絶対に必要だ。」と唱えていました。

本人のヤル気こそが、病気治しへの一番の特効薬であるからです。

お医者さんに行くという事はある意味、お医者さん任せということですから。
結果がどうであれ、お医者さんを責める事はできないんです。

他人はお手伝いをできるだけである

「他人がいくら口うるさく、食事を改善。生活習慣を改善。リラックス。」
と言ったところで、


「結局実行するのは自分。」、

「他人が他人の生活や性格を変えることは出来ない。」、

「例え癌が治る時までは、自制して改善できたとしても、癌が治った後には自我が現れ、元の状態になる。」

つまり、「その時いくら口を酸っぱくして全身全霊を込めて言ったとしても、 本人が心から改善しようと決意したことでなければ、長続きしない。」ということに気が付きました。


結局、他人はお手伝いだけだ、セルフケアしかないじゃない。

誰もわかってくれない

誰も自分の本当に辛い症状は判らない。

いつも頭が痛い。なんか重だるい。

しかし、お医者さんへ行けば「気にし過ぎですよ。自律神経失調症です。」なんて簡単に片付けられる。

でも本人の心の中では「そんなはずは無い。本当に辛いんだ。」と空虚感だけが残る。

つまり、結局自分のこの辛さをわかっているのは自分しかいなくて、自分で治すしかないのだと。

セルフケアのヒント

だから、あなた自身が健康に対してよく知識を持って、あなた自身がお医者さんになれば一番良いのです。

そのためには、自分自身で自分の体調が判り、適切な処置が出来るような人を、沢山育て上げること。

自分の体調が一番良くわかっているのは、お医者さんでもなく自分自身なのだから。 「セルフケアのヒントを伝える事が大切なのではないか」と思うのです。




冷え性・低体温
腸内環境研究会
食養生

その他コンテンツ