本気で挑む 冷え性・低体温 グリーンポプリ

腎は生命力の根源/本気で挑む冷え性・低体温【こころと健康】






本気で挑む冷え性・低体温/グリーンポプリ


腎は生殖と老化に関わる生命力の根源です








腎は冷え性・低体温と大きく関わっています

中国医学でいう腎とは、西洋医学でいうところの腎臓や副腎の機能をあわせたものをいいます。

腎は肝臓と並んで非常に重要な臓器で、最終的に死因は腎不全であったりとか、 腎臓が病むと生命の危機に関わることが多いです。

中国医学の五行論でも、腎は一番最後にきます。「腎は五臓を養う」とあります。 つまり五臓を養うほど、母なる臓器であるという意味です。腎を病むと、他の臓器にも影響が出ますよということです。

腎は生命力の要として、老化と生殖に関わり、冷えに弱い臓器です。 冷え性・低体温の人や、虚弱体質の人は、必ず腎との関わりを疑ってみた方がよいです。

腎の機能低下による症状として

●精力の低下
●性欲の低下
●閉経、老化
●骨・歯がもろい
●足腰が重だるい
●腰痛
●浮腫
●冷え性
●めまい
●頻尿
●乏尿、
●耳鳴り
●血圧異常

等があります。

つまり、「生殖と老化」に強く関わっていることがおわかりでしょうか?

動物と言うのは、子孫を残していくものです。サケは生殖を終えてしまったら死にますよね。

生殖能力というのは正に生命力(=健康)と直結しているものなのです。

以下に腎の機能を中国医学と西洋医学的に記します。

●気、精の温存(中国医学のみ)
●各臓器の滋養(中国医学のみ)
●不要物・必要物の振り分け
●血圧調整
●体液の組成を保つ
●体液のPH調整
●深呼吸に関わる(中国医学のみ)

深呼吸に関わるというのは皆さん意外でしょうが、 実際に腎が弱っている方は呼吸が浅い傾向にあります。中国医学は恐るべしです。

いずれにしても、大変重要な機能ばかりであり、如何に腎が重要かがお判り頂けるでしょう。




冷え性・低体温
腸内環境研究会
食養生

その他コンテンツ