本気で挑む 冷え性・低体温 グリーンポプリ

病は気から/本気で挑む冷え性・低体温【こころと健康】






本気で挑む冷え性・低体温/グリーンポプリ

病は気から


本当に楽天的な人はうらやましい。

余計な事ばかり考えると 気が滞る。

うーん

「馬鹿は風邪ひかない!」

ここでの「馬鹿」とは「頭が悪い」という意味ではないのですよ。

「プラス思考」とか「楽天的」という意味でしょう。

頭ばかり使うより

心の開放



病は気から

「バカは風邪ひかない。」なんて良く言ったものだし、
これ以上端的に病気を表す言葉は無いような気がします。


物思いにふけってしまったら、食事が喉も通らなくなってしまったり、ストレスがあったら、体の疲れが全く抜けなかったり。
でもそんな時に、一寸友達と飲み会をやったり、遊びにいったりするだけで、体に力が沸いて来たり。


3日後に、重要な試験がある。その日までは風邪をひかなかったのに、終わったとたんに風邪ひいた。 または、そういう重要なことがあるときに限って、必ず風邪をひくなんて人もいるのでは。力み過ぎなんですね。 それまでの間に余りにも力みすぎて、試験の前日に疲労のピークが来てしまって、ウイルスにやられる。

肉体と心

「病気と、心(精神)の関係性は、とても大きいな。」と思います。

私自身、“心”というものをとても重要視しています。

肉体が形のあるものであれば、心(精神)は形のないものですが、

この両者があって初めて成り立つものであるということ。

ところが日本の医療では、「心」という部分があまりにも見られていないような気がします。

つまり人間の全体ではなくて、半分だけを見て治療しているような感覚。

「これではチョットねー。」といった感じ。

だって今の日本人の病気のほとんどは、

ほとんどストレス病

飽食と、運動不足と、ストレス病じゃないですか?

もっと細かく分析すると、

例えば甘いお菓子が大好き、ケーキが大好き、ステーキが大好き、ジャンクフードが大好き、お酒が大好きと言っても、

これらは基本的にストレスがあって、
それを埋めるための刺激や満足感を得るために、好きになるものだ
と私は考えています。

自分を分析

僕はお酒はあまり飲まないのでよくわかりませんが、
甘いものは大好きです。

そして自分を分析してみたことがあるのですが、

甘いものを食べる量と、ストレス度合いって比例していたんです。

要するにパソコンばかりで、頭ばかり使って、ストレスが多くなるほど、甘いものが欲しくなるみたいな。

一方、高原で温泉に入って、山に登って、植物の写真を撮っているときなど、甘いものは欲しくはなりません。 疲れたときなど、逆に塩辛いものが食べたくなります。

そう考えた結果

「食事も心に精神に脳みそに依存している。」という風に考えるようになったのです。

プラス思考

いいやー、ところで「楽天的というのはいいな。」と思いますよね。

実際「僕もそうしよう。」なんて思ってからはや何年でしょう?

そうしようと思って、簡単に出来ることではありませんからね。

 “バカ”っていうのは、頭がバカなのではなくて、良い意味での楽天的で、プラス思考ってことだと思います。

考え方一つで変わる。開き直りと、プラス思考は同じベクトル。それを、どう受け取るかが自分次第。

物事を考え込むというのは左脳の世界であり、皮質の世界。この世界は、まじめすぎたり、緊張を挟む。 物事そんなに考えすぎても上手くいくわけでもない。

スポーツの世界

スポーツ世界では早々とこういった考え方を採り入れて
成功していますよね。

メンタルトレーニングというか。
マインドコントロールというか。

スポーツの世界でも、緊張し過ぎるとおおむね逆の結果になります。自分の本当の能力が発揮されるのは、 リラックスしたときです。

日本人は、この辺が弱いらしいです。

外国人は失敗のことを考えるよりも先に、攻めますよね。

日本人はプレッシャーでガチガチです。

この考え方が、病気にも応用されないのはおかしい話です。

チョット肩の力を抜いて、右脳を働かせる。脳幹を働かせる。これが人間の能力を高い世界に引き上げ、免疫力を上げるのです。







冷え性・低体温
腸内環境研究会
食養生

その他コンテンツ