本気で挑む 冷え性・低体温 グリーンポプリ

癌とお医者さん/本気で挑む冷え性・低体温【こころと健康】








お医者さんと喧嘩までする必要はないのでは






お医者さんとの付き合い方は重要課題

私どものお店にいらっしゃるガンなど重病の方で多いのが、

「お医者さんには絶対に行かない」という強い意志を持った方々です。

それでお医者さんと喧嘩してしまったり。

癌になって代替療法を試みる人にとって、

お医者さんとの付き合いは、

最も重要課題の一つです。

健康食品や治療器、代替療法を嫌うお医者さんは多いですし。

それで結局喧嘩をしてしまう人も多く

それで結局、喧嘩をしてしまう人も多いわけです。

ただ、西洋医学的な処置を選ばずとも、

「喧嘩まではする必要はない。」と思うのです。

上手く逃げるだけで、もう少しうまいやり方があると。

というのは、
実際に私自身も、それこそ何年間も薬などは飲んでいませんし、

病気になってもお医者さんに頼ろうとは少しも思いません。

でもやはり検査などは重要だと思います。

それに癌など重病の場合、

緊急の大出血
や、腸閉塞が起きるかもしれません。

そういった場合、やはり手術は必要じゃないですか。

お医者さんにしか対処できない領域と言うのが必ずあるわけなのです。
だから「お医者さんに助けられる可能性もある。」と思うのです。

だから、何も喧嘩まですることは無いと思うのですけれども。
チャンネルは残しておいた方が良いと。

救われるチャンネルを出来るだけ多く

人間はどこで何をきっかけに救われるかわかりません。
どこにチャンスがあるかどうかはわかりません。
いつ誰に救われるかわかりません。

奇跡的にガンなど重病から生還する方っていうのは、
このようなチャンネルが多い人のように思います。
家族だったり、友達だったり、様様な人から助けられて。

日本の医療ももっと広がらなければ

もちろん実際には難しいことはわかりますが

但しそれが物凄く難しいことであるということも認識しています。

ガンなどで病院に行っても治療を断ると、

「ウチで治療しないんならば、もう来ないで。」

「検査だけはやりません。」

なんて言われているお客様はざらにいますから。

確かに自分の信じている事を否定されると、辛いですからね。

自分の仕事を否定されても、辛いですからね。

有名な先生ほど、プライドがあるのでしょうね。


日本の医療の現状がこうだから
病院と喧嘩はしたくなかったけれども、喧嘩別れしてきましたっていう人も多いんですよね。

難しいですね。







冷え性・低体温
腸内環境研究会
食養生

その他コンテンツ