本気で挑む 冷え性・低体温 グリーンポプリ

病気になっても病人にならない(1)/本気で挑む冷え性・低体温【こころと健康】











癌だと宣告されてから病人になった



これは本当に痛感します。

例えば、1週間前にお医者さんに「癌です」と宣告された方がいるとします。

その方はその日以来、毎日暗ーく落ち込んでしまっています。

毎日だるくて、疲れている。

なんとなく体の一部も痛みがあるような気がします。


宣告されるまでは元気そのもの

「じゃあ1週間より前まではどうだったかというと、至って健康で調子が良かった。」なんて話をよく耳にします。

宣告されて以降、調子が悪くなったんですって。


潜在意識や思い込みは恐ろしい

人間の潜在意識や思い込みというのは本当に恐ろしい物で、

「自分が病気で調子が悪い」、「自分はガンでもうじき死ぬ」なんて思うと本当に調子悪くなっちゃうんですね。

とくに今の世の中、「ガン=死」というようなイメージがありますでしょ。

このイメージって怖いんですよ。

「あっ、もう自分は死ぬんだな」と連想してしまいますから。

自分で道をつけてしまいますから。

例えばよく言うでしょ。

「夢は諦めてはだめだ!」、「思ったとおりの自分になる」なんて。

つまり、自分が野球選手になろうとイメージしていたら、それを最後まで諦めなかった人間は 野球選手になっているかもしれないけど、初めから「自分には才能は無いから野球選手なんかにはなれっこない」 なんて思っている人は絶対になれないですよね。

その逆もある訳なんですよ。自分が「ガンで死ぬ」なんてイメージを植え付けてしまったら、
気持ちも暗ーく、本当にそっちの方に向かっていくんですよね。

だから、もっと世の中正確な情報を知らないと駄目なんです。

もちろんガンで死んでいる人もいるけど、治っている人もいる訳ですよね。

逆にインフルエンザで死んでいる人もいますよ。

だから「ガンは何も特別な病気ではない」ということなのです。

皆さんガンだけは何か別の病気のように、処刑台に上ったように感じている。

でも糖尿病だと、「チョット糖が高いんだよね。はっはっは。」なんて笑っている。

この差はいったい何なんでしょうね。

糖尿病ってものすごく怖い病気ですよ。

糖尿病だって酷くなったら、腎障害になって死ぬ事もあるでしょ。

でも糖尿病も治療していけば治るでしょ。

だからガンだって同じ病気の一種なんだから、治る事もあるのですよ。

ただ、チョット酷い病気なだけなんです。

「自分が病人だ。ガンだ。」と認識していない時は体の調子も良いのです。

でも「ガンだ。」と認識してから、調子が悪くなるんです。

怪我をしても痛くなかったのに、タラーッと血が流れてきた。

そしてその血を見た瞬間に痛くなった。

血を見て「これは大変な怪我だ。」というイメージが植え付けられるんですね。

だから痛くなるんです。

自分は病気になっても、病人だというイメージは持たないようにしましょうね。









冷え性・低体温
腸内環境研究会
食養生

その他コンテンツ