本気で挑む 冷え性・低体温 グリーンポプリ

癌と免疫力/本気で挑む冷え性・低体温【こころと健康】






本気で挑む冷え性・低体温/グリーンポプリ





癌と免疫力について

ガンの方は、日頃から免疫力を落とさないように心がけることが重要です。

ガンは私達の体力との綱引きみたいな物ですから、

私達が弱ってしまうと、相手が攻勢に出てくるんですね。

だからこちらがいつも強い状態を保っている事が大切なんです。

また私の感想として、ガンの場合“ガンで死ぬより体力勝負”ってところがある感じがします。

体力さえあれば、結構頑張れるようです。

免疫力って誤解されていると思う

ただし免疫力といわれてもピンときません。

“免疫力”と言うと、免疫細胞だ、Nk細胞だといったワードが流行っていますね。 これらは胸腺免疫と呼ばれるもので、人間が獲得した最も新しく、かつ高度な免疫システムです。

でもこれは、免疫力の中では、ほんの一部です。


免疫は段階的に働く、システムです。

そのダイナミクスの中で捉えなければ、免疫力の本質を見失います。

つまり免疫力というのは、もっともっと大きなものだと感じているのです。

免疫ってもっと大きなものでは?

例えば、体温が下がるだけでも免疫力は下がりますね。

腸内環境が悪化しても免疫力は下がりますね。
人の免疫の80%は腸管免疫だと言われていますし。

ましてや胸腺免疫は50歳、60歳ともなると、機能しなくなりますし。

人の肌も免疫のバリアですね。

人の鼻も、口の粘膜も、気管も、肺も免疫のバリアを果たしていますね。

肝臓にもクッパー細胞という免疫細胞がいますね。

リンパ管や、リンパ節、扁桃腺なんかも免疫の要ですね。

もちろん胸腺もそうですが。

更に言うと気持ちがマイナス思考になっただけで免疫力って落ちるじゃないですか。

つまり、免疫力というのは、免疫力に関わるあらゆるパーツが相互的に関係しあって出来上がったものだと思うのです。

つまり

a×b×c×d×e×f×g×h=免疫

といった感じです。

つまりこの中から(a)というパーツだけを取り出してみたところで、本当の免疫は判らないということです。

癌になって免疫力の高い状態を保つということは、
これらのうちどれが欠けてもいけないということではないかと、私は理解しています。

全て高めておかなければ。

じゃあ何が免疫力?

全ての免疫力が高まった状態って何?

私は単純に考えれば良いのではと思います。

いかにも健康そうな状態ということではないでしょうか?

例えば、
肌も、髪の毛にも艶があって、
快便、快眠で。
疲れも無くてみたいな。

「毎日疲れが無く、元気な状態に持っていけば良いのだ。」と思います。

多分これが一番、免疫力が高い状態なのでしょう。

これを詳しくいうと、

毎日体がポカポカで、
腸内環境もすこぶるよく、排便もスムーズで、
運動もして、汗もよくかき、
休息も十分
気持ちは楽しく、
栄養のバランスもとれていること

ではないでしょうか?






冷え性・低体温
腸内環境研究会
食養生

その他コンテンツ