本気で挑む 冷え性・低体温 グリーンポプリ

冷えは万病の元/本気で挑む冷え性・低体温【こころと健康】






本気で挑む冷え性・低体温/グリーンポプリ

生活習慣病の根源



つまり、今現在の冷え性が、
20年後のや循環器系疾患など、怖い生活習慣病へと発展している
可能性もあるということです。




冷えている現代人

現代の人たちはとても冷えています。

冷え性だらけです。

本人は冷え性じゃないつもりでも、内臓は冷えています。

のぼせ症の人も、下半身は冷えています。



冷え性ということは「血液循環が悪い」ということです

グリーンポプリで色々と癌や難病の方々を見てきましたが、

冷え性というのは本当にバカに出来ないのです。

というより、癌や難病の方は冷え性が多い。

血液循環が悪いとも言い換えられますし、
代謝が悪いとも言え
臓器の働きが悪いとも言えますね。

そういう状態を長年続けたから、癌など重篤な病気になったのだろうと推察できます。

ということは、「今現在冷え性であったら、20年後には癌を発症している可能性は充分にある」ということです。



では、何故これほどまでに冷え性が増えたのでしょうか?

一つは体を冷やしやすい食生活です。

二つは運動不足です。

三つは自律神経の失調です。ストレスです。

自動販売機やコンビニの普及で、いつでもどこでも冷たいものが飲食できる様になりました。

トマトやきゅうりは、本来夏に体を冷やすために食べるものです。 温室栽培の普及で、真冬でもこれらが食べられる様になりました。

小麦は体を冷やす食べ物です。ちなみにビールも体を冷やす飲み物です。 パンやスパゲッティーを食べる機会が増えることによって、ますます体が冷えていきます。

かくして、現代の人かなりの人が冷え性なのではないでしょうか?

冷えるということはどういう事なのでしょうか?

血液循環が悪いのです。
代謝機能が悪いのです。内蔵機能が弱って、エネルギーが産生できないのです。

冷え性は、人間にとって根源的なマイナスを内包しており、長い年月かけて蝕んでいきます。
冷え程怖い病気は無いのです。

でも、人は健康を失うまで、気づきません。






冷え性・低体温
腸内環境研究会
食養生

その他コンテンツ