本気で挑む 冷え性・低体温 グリーンポプリ

自律神経の失調/本気で挑む冷え性・低体温【こころと健康】






本気で挑む冷え性・低体温/グリーンポプリ

病気とは何か?


交感神経と副交感神経のアンバランス

自律神経の失調




自律神経の失調

病気とは何か?

それは一言で言えば「交感神経と副交感神経のアンバランス」ということになるでしょう。

要するに「自律神経の失調」。

自律神経とは、交感神経と、副交感神経のこと。この両者はお互いに、バランスをとりあっています。

一方が興奮して一方が抑えるという、アクセルとブレーキの働きをしあっています。

交感神経と副交感神経

交感神経はアクセルで、興奮、警戒している時に働くもの。
副交感神経はブレーキで、リラックスしている時に働くもの。

アクセルだけが元気になってブレーキに元気がないと、興奮しっぱなし、緊張しっぱなし、で疲れてしまいます。

交感神経が働く時というのは、戦う時とか、頑張るぞーっていう時、リラックスしていない状況、不安な場合です。

現代はストレスが多くなかなかリラックスし辛く、皆さん交感神経が亢進している方が圧倒的に多いようです。

交感神経が優位ですと、常にイライラしたり、落ち着きが無かったり、食欲が無かったり、不眠症になったりです。

これで生活のリズムがどんどん狂っていくんですね。

朝何時に起きるかわからない。
朝食も食べたり、食べなかったり。

生活のリズムが狂っていくと、内臓の機能も疲労していきます。
まともに働かなくなっていきます。

まともに働かなくなってしまった所には、気血水の流れに滞りが生じます。
酸素も栄養も行かず、老廃物の排泄も上手くいきません。温度も下がります。

その部分は新陳代謝も悪くなり、器質的にも障害を生じるようになります。

それが病気の成り立ちです。

脳が司令塔

ではこれらの神経は、何が統括しているのでしょうかね?
一番大きいのは脳です、心です。心が乱れることで自律神経も乱れるのです。

自らの心に体に負担をかけ続けていると、長い間をかけて病気を産んでいくのです。

自律神経の失調がある場合には、心の処方箋が必要なんです。

なるべくストレスとかの無いような生活をしたい。

同じストレスならば、プラスを産むストレスがいい。

ということは、逃げずに自分と真剣に向き合う。

このことは、本当に何年も何十年もかかります。

でも、それしか病気を予防する最良の方法は無いみたいです。

とはいえ、それは一番難しいことですね

僕自身も、こころの制御だけは、一番難しい。

それができれば、言うこと無いんですけれどね。

これこそ性格に依存しているわけで。






冷え性・低体温
腸内環境研究会
食養生

その他コンテンツ