本気で挑む冷え性・低体温/グリーンポプリ
HOME > 目次 


本気で挑む法則


家庭用治療器/健康食品/各種健康法で
結果が出ない場合

●本当の健康法

本当の健康法というのは、「毎日の疲れを残さない事」です。

日々の肩こり、便秘、、冷え性、疲労感など
小さな不定愁訴の積み重ねが、大きな病気へとつながっているのです。

ですから症状が小さな内から適切に対処しておくことが、
本当の健康法です。


生活習慣病とは?

日々の不摂生を、長期間、継続した結果生じるものなのです。

●生活習慣病を産む要因

キーワードを整理してみましょう

生活習慣病を引き起こす要因は

●日々の不摂生
●長期間
●継続です。

健康食品・治療器は魔法の杖か?

●短期間では何も変わらない

裏を返せば
不摂生を短期間行っただけでは
深刻な生活習慣病にはなり得ないということです。


人間の体は免疫力も備わっていますし、
緩衝作用など恒常性維持機能も備わっています。

人間の体は短期間のことや
ある程度の不具合であれば、
調整してしまう能力があるのです。

ガン、糖尿病、心臓病、脳疾患、リウマチなどの生活習慣病
限度を超えた不摂生を
長期間、継続的に継続した場合に生じるのです。

●健康食品/家庭用治療器/健康法はそれほど強いものではない

また健康食品や家庭用治療器、各種健康法は

薬でも、手術でもありませんから、
それほど強い作用を物ものではありません。

もし強い影響力を持つとしたら
必ず副作用があるはずです。

ですから
健康食品や家庭用治療器具を
1ヶ月間程度継続したところで、
体にとってみれば、それ程たいした作用にはなりません。



つまり本当の健康管理というものは、
●日々の積み重ねであり、
●長期間継続することなのです。

結果を出すためには

●何故結果がでないの?

健康食品も試した

家庭用治療器具も部屋にあふれるほどある。

色々な健康法も試した

なのに何故結果がでないの?

「どうしても結果が出ない」という方に多いケースを挙げます。

●昔の私は何をやっても結果がでなかった

昔の私は、健康食品を飲もうが何をしようが結果がでませんでした。

だから余計に焦ってしまう。

あちこちと色々なものに手を出して。

ただその経験が全く役に立たなかったかといったらそうではなくて、様々な事に手を出したからこそわかったことも多くありました。

一時はそういう時期を過ごしても、そのうち辛抱して結果を出すというような体質に持ってゆかなければならなかったのです。

●何故結果がでないの?

健康食品も試した

家庭用治療器具も部屋にあふれるほどある。

色々な健康法も試した

なのに何故結果がでないの?

「どうしても結果が出ない」という方に多いケースを挙げます。

●健康食品

健康食品を購入したものの、

「今日は忘れた、明日も忘れた。」
「忙しくて飲む暇がないんだもん。」

といっていると、だんだん飲む気が失せてきます。

そしてこれでは、体感は全くありません。
1週間も経つと、「これ効かない」とかいって、止めてしまう。

そこでまた、別の健康食品を探して購入するも

やはり買っただけで心の半分は満足してしまう。

そして続かずに止めて、ということを繰り返してしまう。

●家庭用治療器

家庭用治療器も新しいのを買ったら

「場所をとって邪魔になる。」といって、押し入れに入れてませんか?

「使い方が面倒くさい。」といって、展示品みたいになっていませんか?

「忙しくて時間が無いから。」といって、ホコリをかぶってしまう。

●各種健康法

玄米菜食を始めました、

3日くらいは毎日行うのですが、

「玄米は炊くのに時間がかかる」
「玄米はおいしくない」
「玄米は家族が嫌う」
「とにかく玄米菜食は面倒くさい」


「玄米菜食は、何を食べれば良いかわからない」
「玄米菜食は難しい」

ということで、結局やらなくなってしまう。

●結果が出ない場合の特徴

以上、どんな健康法を行っても結果がでない場合の特徴をまとめてみました。


(1)薬と勘違いして短期間でなんとかしようとしている場合(焦っても駄目)
(2)継続性が無い場合
(3)出来る以上の難しいことをやろうとしてしまっている場合
(4)あれもこれもと沢山のことをやろうとしてしまっている場合

●最後に

(1)まずはやることは1つ2つに絞って、それを確実完璧に結果がでるまで行うこと。
良きにつけ悪しきにつけ結果が出るまでは、他のものを見ないこと。
(2)自分が継続的に出来る範囲をよく見極めることです。
(3)結果が出るまで継続すること

結果が出るとは、良きにつけ悪しきにつけ何らかの感覚が得られるまでという意味です。私もこれまで何回も失敗してきました。食品を大量に飲んで下痢したり。でも失敗した場合でも、何故失敗したのか?どうやれば今度は成功するのかを考えtチャレンジしてゆけば、最後は成功へとたどり着くものです。但し、何度失敗しても、「必ず最後は成功するぞ。」という目標がなければ駄目でしょうし、失敗した場合には必ず考察して次回につなげることが大切なことです。つまり健康法というものは、各自でつかみ取るものであって、万人に共通の健康法は無いと言うことです。


とにかく最後には必ず成功する事だけは信じて、最後は自分の健康法をつかみ取ってください。


総合目次のページへ飛びます















腸内環境研究会TOP
腸内環境の守り方
ウンチについて

食養生TOP
中国薬膳について
玄米菜食TOP
食品辞典TOP
冷え性に負けない熱を産む体作り

末期癌克服自然生活TOP

温泉湯の花入浴用