本気で挑む 冷え性・低体温 グリーンポプリ

冷房病・クーラー病・夏バテ/本気で挑む冷え性・低体温











冷房病(クーラー病)・夏場の冷え性



虚弱な人、冷え性、低体温がひどい方は

夏の過ごし方こそ重要です

夏こそ体を十二分に温めて下さい



冷房病・クーラー病・夏バテに気をつけて


「夏は暑い」

「暑いから絶対に体が冷えることなど無い。」

なんて思っている方は要注意です。

夏はデパートに行っても、会社でも、電車でも、冷房だらけ、
気温が暑いので見落としがちですが、
本当は体の芯から冷え切っているのです。
それが冷房病(クーラー病)の元凶です。



腎臓が冷えると気になる兆候
なんか最近老けた気がする

冷え人間

クーラーをがんがんに効かせている
冷たい飲み物・食べ物を良く食べる⇒もっと詳しく

冷たい飲食は体が芯から冷えているかもしれませんよ  冷たい飲食は体が芯から冷えているかもしれませんよ

●夏は素足で過ごしている

こんな方は要注意

体が芯から冷えているかもしれませんよ




夏の冷え・冷房病ココが恐い


腎臓が冷え切ってしまう

生命力ダウン

体が滋養されない⇒もっと詳しく



胃腸が冷え切ってしまう

消化吸収能力がダウン

体が滋養されない



血行が悪くなってしまう

体が滋養されない⇒もっと詳しく



自律神経が乱れてしまう

体温調節のほか
体のコントロールがきかなくなる ⇒ もっと詳しく



秋・冬へ向けての準備ができない


排毒できずに毒溜めの体⇒もっと詳しく



最後は夏バテの状態に


夏も中旬を過ぎると、冷房の害が積もり積もってきます。
体の深部に深刻な冷えが蓄積します。
困ったことに体の内部はとっても冷えているのに、体の表面は熱感がある。だから冷房は余計に低い温度を求める。 こうして冷房の温度がどんどん下がってゆくと、外に出たときに熱風でムッとして耐えられなくなる。 こんな状態では食欲もうせてくるし。免疫力も低下して、いつ風邪を引いてもおかしくない。こうなるともう、夏バテの状態です。
⇒もっと詳しく



1年中の季節を考えて(まとめとして)


1年の季節はそれぞれ独立したものではありません。

良い夏の過ごし方があってこそ、良い秋につながり、

良い秋の過ごし方があってこそ、冬につながり、

良い冬の過ごし方があってこそ、良い春につながります。



目の下にくま



冬場の冷え性がとても辛い 春の花粉症がとても辛い



「冬場の冷え性がとても辛い。」

「春の花粉症がとても辛い。」


という方で、冬や春だけ
一生懸命に頑張っていらっしゃる方が多いでしょう。

ところが実際は
冬だけ頑張ったって、春だけ頑張ったって、
所詮は夏から秋から冬にかけてどれだけ充電されたか?

にかかってくる訳ですね。

夏場は秋・冬にかけての準備期間となります。
以上、夏場こそ体を十二分に温める工夫をして下さい。


⇒次へ(冷たい食品は体を冷やします)

⇒冷え性・低体温TOPへ行く

冷え性・低体温
腸内環境研究会
食養生
玄米菜食
ポプリ食品辞典
末期癌克服自然生活