本気で挑む 冷え性・低体温 グリーンポプリ

冷え性・低体温改善のための食事/温かい陽性食品だけ食べればいいの?









冷え性・低体温改善のための食事
温かい陽性食品だけ食べればいいの?


本や様々な媒体を見ていると

冷え性・低体温の人は
ニンニクや、ネギや、ショウガなど
温かい陽性の食品を食べましょうと書いていますが、
そればかり食べればいいのでしょうか?

体を温める陽性の食品(温性、熱性)

トウキ 当帰
写真はトウキ(当帰)

答えはNOです。

ここで温かい食品つまり(陽性、温性、熱性)の食品について整理してみましょう。

ニンニク、生姜、ニラ、葱、玉ねぎ、トウガラシ、秋ウコン(鬱金)、ガジュツ(紫ウコン)、紫蘇、パセリ、アブラナ、フキ、 ウド、カブ、ニンジン、カボチャ、玄米、クルミ、アンズ、桃、味噌、酢、サンショウ、コショウ、ウイキョウ(フェンネル)、 カルダモン、シナモン(桂皮、桂枝)、ハッカクウイキョウ(スターアニス)、トウキ(当帰)

などです。

陽性にも度合いがあります

温性の食べ物 人参

これらには体を温める程度があります。

いわゆる香辛料と呼ばれるような、強く体を温めるものから、

ニンジン、カボチャ、タマネギ、玄米のように優しく体を温めるものもあります。

優しく体を温めるものに関しては問題はないでしょう。

問題は体をカーット強く温める食べ物です。

作用と副作用があります

薬にも作用があれば副作用があるように

食品にも長所があれば短所があります。

その長所が強ければ強いほど、短所も強くなります。

血流が良くなれば体は温まります

体を温めるということは、血管を拡張して血流を良くしたり、発汗作用があったり、という食べ物です。

血流が良くなれば当然体はポカポカ温まります。

湿疹がでたり

しかしこれまで血流が悪いお血の状態が長く続いていた人が、突然に血流が良くなると、体の中の毒が出て湿疹が出たりすることがあります。 また手先がピリピリしたりということもあります。これは血流が良くなることの短所です。

穀物野菜で血液体を綺麗にする

また、陽性のものばかりを過剰に食べていると、陰が減ってゆき、陽が相対的に強くなります。

そうすることで、虚熱証という症状が現れることになります。

体が熱くなって、腸は乾いて便秘傾向になるわ、肌は乾燥してカサカサになるわということです。

陰性食品もバランスよく摂る

ということは、体を温めたいからといって、陽性の温かい食品ばかり摂るのではなく、 陰性の涼しい食品もバランスよく摂るべきなのです。


⇒冷え性・低体温TOPへ行く




冷え性・低体温
腸内環境研究会
食養生
玄米菜食
ポプリ食品辞典
末期癌克服自然生活