本気で挑む 冷え性・低体温 グリーンポプリ

冷え性・低体温改善のための食事/~ダイジェスト~










冷え症・低体温のための食事
~ダイジェスト~


冷え性 低体温

冷え性・低体温寒証(顔面蒼白、元気が無い、冷えやすい、声が小さい、細いおしっこが透明、)なので、冷たい食べ物は避けた方が良いです。

⇒寒証、虚証タイプ

温かい食べ物と冷たい食べ物

食事も出来るだけ体を冷やさない
体を温める事を中心に考えます

調理法によっても違いますが

食材にも体を温める食べ物と
冷やす食べ物があります

また食習慣によっても冷える体が出来上がってしまいますから
注意が必要です。

温かい食材を中心に摂りましょう

身体を優しく温めるカボチャ
身体を優しく温めるカボチャ

【1】調理法で温め

温かい鍋(物理学的に温かい)
温かい鍋(物理学的に温かい)

加熱調理
温かい
ゆでる、蒸す、焼く、炒める、煮る、炒る
Good
生食
冷たい
サラダ
Bad

食材は出来るだけ加熱調理したものを食べましょう。
ゆでる、焼くなど短時間の加熱よりも、
長時間煮込んだり、高温で炒めたりした方が、より陽性度は高くなります。

加熱していなくても、発酵食品はOKです。

【2】食品と食材の性質により温め

身体を優しく温めるカボチャ
食品の選び方として、生もの、冷たい食べ物を控える事はもちろんですが、その他に積極的に摂りたい食品があります。 ●体を温める食べ物、●気血を補う食べ物、●気血の流れを良くする食べ物、●腎を強め滋養強壮する食べ物が、冷え性・低体温の人が積極的に摂りたい食材です。

⇒食材の陰陽

冷たいものを食べ過ぎない

アイスクリームや冷たい食品、果物・野菜の一部を多食する事で、胃腸は冷え機能は低下し、体を冷やす事となります。 冷たい飲食は、現代では厳禁というわけにはいきませんが、出来るだけ避けたほうが良いでしょう。

陽性の食べ物を多めに摂る(五性)

東洋医学で食品は、陰陽に大別することが出来ます。陰性の食品は体を冷やす性質があり、 陽性の食品は体を温める性質があります。冷え性・低体温の方は、陰性で体を冷やす食べ物よりも、 陽性で体を温める食べ物を多く摂りましょう。


もっと詳しく
陰陽とは?(別窓で開きます)
陽性の食品とは?(別窓で開きます)

●朝食

朝食を食べないと胃腸が働かず寝覚めが悪いだけでなく、体温が上がって来ないのが、冷え性・低体温の方の悩みでしょう。 沢山食べる必要はありませんから、温かい何かを口にしましょう。冷たい物、サラダでは逆効果です。温かい野菜スープなどが良いでしょう。

●夕食

夕食が脂っこいものだったり、量が多かったり、時間が遅かったりすると、消化器系に大変負担をかけます。 胃腸だけでなく、肝機能も低下して行きます。これは熱を産めない体質を作ることになります。夕食は早めに食べて、夜は消化器系を休ませてあげましょう。


⇒冷え性・低体温TOPへ行く



冷え性・低体温
腸内環境研究会
食養生
玄米菜食
ポプリ食品辞典
末期癌克服自然生活