本気で挑む 冷え性・低体温 グリーンポプリ

腎と虚弱体質/本気で挑む冷え性・低体温











~腎と虚弱体質~



冷え性は病気の温床
~腎臓と虚弱体質~
気との関係から


●腎臓は気を貯蔵する





中国医学(漢方、薬膳)では、には重要な役割があります。

腎臓には、気を貯蔵しています。腎は気を貯蔵した器のようなものです。

気は人体の生命活動を支えるエネルギー源なので、腎が生命力の要と呼ばれる要因はここにあります。

先天の気と、後天の気に分けられます。

先天の気は両親から受け継いだもの。
後天の気は後天的に得られた気です。



先天の気の不足が虚弱体質





人は生まれながらに丈夫な人と、虚弱な人がいます。

虚弱な人は、先天の気が不足しているのです。

親の虚弱や、栄養不足、気血の巡りが悪く冷え性だったりすることで、先天の気が受け継げません。



気は後天的に補える



もちろん先天の気が不足していても、後天的な努力で補う事ができます。またいくら先天の気に溢れていても、気を消耗すれば枯渇します。



気の原材料


後天の気の原材料となっているのは、食べた物と呼吸により得た空気です。この2つが充足していてはじめて、十分に気が作り出せます。


後天の気の不足 主な要因


●胃腸虚弱
気を作り出せません。

●胸式呼吸
気を作り出せません。

●ストレス
気を消耗します。

●冷え性
腎機能を低下させます。

です。





⇒冷え性・低体温TOPページへ

冷え性・低体温
腸内環境研究会
食養生
玄米菜食
ポプリ食品辞典
末期癌克服自然生活