本気で挑む 冷え性・低体温 グリーンポプリ

冷え性は病気の温床「婦人病と温熱療法」/本気で挑む冷え性・低体温












冷え性は病気の温床
~冷え性と婦人病~




●婦人病は冷えから




子宮筋腫、卵巣のう腫、月経痛、月経不順、不妊症、婦人病の大方の原因は、冷え性停滞した汚れた血液に あります。特にお腹や腰の冷えです。但し足を冷やしても、お腹腰は冷えますから、足冷えも同じことです。



●気血の流れ




気持ちの停滞は、気の流れを滞らせます。
中国医学では「気の流れが血液を運ぶ」ということなので、気持ちが滞ると、血液の流れも悪くなります。
女性の場合特にお腹・腰辺りに汚れた血液が溜まりやすいのです。



●女性にお腹・腰の冷えは禁物





お腹や腰の辺りに、血液が停滞し、汚れた血液が溜まりやすく冷えやすいのです。だから昔から「腰湯」という入浴法がありますね。 これは腰だけを温めて、お腹・腰の血液を動かす入浴法で、婦人病に効果的な方法です。



お腹・腰を温める


女性はトニカクお腹・腰を温めて下さい。腰には、腎臓子宮卵巣という、女性にとって重要な臓器があります。 お腹や腰を毎日十二分に温め血流を良くし、お腹の汚れた血液を動かしてあげる事です。もちろん最終的には体全体を温め、 冷え性そのものを克服しなければならないのですが。


⇒冷え性・低体温TOPページへ

冷え性・低体温
腸内環境研究会
食養生
玄米菜食
ポプリ食品辞典
末期癌克服自然生活